L&P Attractive 代表 大澤 一彰氏 インタビュー

L&P Attractive 代表 大澤 一彰氏 インタビュー

L&P Attractive
HP : https://www.landp-a.com/

L&P Attractive Twitter : https://twitter.com/LandP_official

メタハピ Twitter : https://twitter.com/meta_happy

 

2017年11月11日、名古屋ReNY limitedにて、昨今のメタル・ラウドミュージックシーンの猛者達が集結した「メタハピ!! VOL.3」が開催された。近年、シーンの停滞が叫ばれる中、そんな風潮を吹き飛ばすかの如く、「メタハピ!! VOL.3」は大盛況の中、幕を閉じた。当日は出演者もオーディエンスもヘヴィメタル・ヴィアジュル系・メタルコアの垣根を超え、これからのラウドミュージックシーンの輝かしい未来を映し出しているかの様だった。

今回、TOPPA!!編集部は、そんな素晴らしいイベントを主催するイベント企画プロダクション、L&P Attractive代表大澤氏に対し、今回のイベント主催のきっかけや、L&P Attractive立ち上げに迫るべく、メールインタビューを試みた。

文 / L&P Attractive 大澤氏  編集 / 宮久保 仁貴  写真 / ミヤタ ショウタ

——-————————————————————–
大澤様の経歴、そしてL&P Attractive 立ち上げのきっかけから現在に至るまでをお教え下さい。

大澤 : このような音楽を好きになったきっかけですが、自分は小学生の頃、なかなかクラスでもなじめることが出来ず、結構孤立してしまう事が多かった中、自宅に帰ると音楽を聴くようになりました。その中で、ハードロックやヘヴィメタル、のちのヴィジュアル系などのジャンルの曲を聴くようになりました。特に小学校4年生の時に衝撃を受けたバンドがX(現 : X Japan)でした。

正直、当時は周りのクラスメイトはもちろん、音楽の先生でさえ、そういった音楽の嗜好性を否定されてきました。でも、自分にとって、どれだけ否定されようとも、Xの音楽は本当にカッコよくて、生きる活力を私に与えてくれました。そこから、今までに至るまで、音楽が与えてくれる素晴らしさを信じて、Xもそうだし、ハードロックやヘヴィメタル、ヴィジュアル系などを聴き続けてきました。以上が、私の音楽のルーツになります。

L&P Attractive立ち上げについて触れますと、私はもともと音楽業界とは違う職種をしていました。ただ、先ほども挙げたような、若い頃好きで良く聴いていた音楽に再び触れる機会があり、いつかは好きだった音楽に関わる事をしたいと思っておりました。

一昨年頃から様々な音楽関係の方との出会いもあり、タイミングも合った為、初のイベントを開催することが出来ました。以降はより楽しめるイベントを開催できるよう心掛け今に至ります。

 

過去のイベント〜現在のイベントから一貫して、ヘヴィメタル、あるいはメタル愛に溢れるバンド様の出演が多いと感じました。こちらはどのような意図があってのことなのでしょうか?

大澤 : 例えば、この前のメタハピ!! VOL.3の場合、ご出演いただけるアーティストも、観に来ていただけるお客様も、どちらも楽しめるイベントを造るのは、本当にメタルが好きで熱い気持ちを持っている方だと考えていました。

その為、心からメタルを愛しているアーティストに出演していただくのが一番だと考えておりますので、そういった方々をブッキングしました。演奏している音楽に多少ジャンルの違いはあれど、どのアーティストもルーツにメタルがあり、今も昔もメタルを愛している方々に違いないですし。少しでも、L&Pが皆様の音楽ライフに彩りを与えられれば幸いです。

 

今月開催された「メタハピ!!vol.3」は国内ヘヴィメタル・ラウドロック・ヴィジュアル系シーンの第一線で走られているバンド達が出演、L&P Attractive様主催のイベントの中でも、過去最大規模だったかと思いますが、今回のイベントに出演された各バンドを選んだきっかけをお教え下さい。

大澤 : 今回の「メタハピ!!VOL.3」では、第一線で、さらに今までには対バンで観られなかった出演アーティストの顔ぶれが揃えさせて頂きました!当日は名古屋で1番熱い場所になるようにL&Pも各アーティストも、とにかく気合いが入っており、蓋を開けてみれば大盛況に終える事が出来ました!

各アーティストを選んだきっかけですが、全体的なところでいくと、音楽性は勿論、やはり熱い思いを持っている所を重要視して、お声をかけさせていただきました。今回のメタハピ!!は、ジャンルに関しては王道メタルを軸にして考えつつ、若手のメタルから、ラウド、メタルコアにも手を伸ばし、幅を広げようと考えました。ジャンルもそうですし、活動歴の若いバンドや長いバンドも、今回のメタハピ!!と通じて一同に集めることにより、より面白いガチンコメタルイベントが出来るのではないかと思い、今回のアーティストに出演していただきました。

 

昨今のバンドシーンで勢いのあるバンド、今後のシーンの流行について思う所を教えて下さい。

大澤 : あえてバンド名を挙げるのは控えさせていただきます(笑)。

ただ、最近ライブハウスに来る若いキッズ達、そして今回メタハピ!! VOL.3に出演して頂いた各アーティストもそうですし、この手のラウド系バンドの楽曲に、ふとメタルをルーツに感じさせる瞬間が多くなったような気がします。

そういった意味で、ハードロック・メタル・ラウド系シーンが、見せかけではなく、本当にこれから再び日本で盛り上がっていくようになると思います。

 

今後のL&P Attractive様の展望を教えて下さい。

大澤 : 現在は名古屋で企画を打つ事が多いのですが、近年他の地方でも、「こういうイベントやってよ!」というバンド様やお客様の声が大きくなってきました。

その為、近い将来、たくさんの方に弊社制作のイベントを見て楽しんでいただける様に、イベント各地開催などを視野に入れて、只今構想中でございます。それに伴い、L&Pのイベントの規模拡大も目指しております。

 

これからシーンに携わりたい、音楽業界で働いて見たい!と考えているキッズへのメッセージをどうぞ。

大澤 : 音楽とは人生をも変えてしまう力があると思っています。仕事にしてしまうと

大変な事ももちろんあるとは思いますが、まず、自分が音楽を好きで、楽しめるかどうかだと思います。楽しければ、続ける事、さらに学ぶ事が出来ると思います。

どんな事もそうですが、諦めないで夢を持ち続ける事が大切だと思います。今現在でも、音楽学校に通う生徒さんと関わらせていただく機会が度々あるのですが、みなさんすごく熱意を持って授業に取り組んでいます。本当に音楽が好きなんだなと伝わってきます。

いずれ、このような生徒さん達と仕事で御一緒する事が出来る日を楽しみにしています。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.