MAKE THEM SUFFER(AUS) インタビュー

MAKE THEM SUFFER(AUS) インタビュー

 MAKE THEM SUFFER(読み方 : メイク・ゼム・サファー)
メンバー(LtoR) : Jaya Jeffery(Ba) / Booka Nile(Key/Clean Vo) / Sean Harmanis(Vo)  / Jordan Mather(Dr) / Nick McLernon(Gt)
HP : http://www.makethemsuffer.com.au/
Twitter : https://twitter.com/makethemsuffer
Facebook : https://www.facebook.com/makethemsufferau
Instagram : https://www.instagram.com/makethemsuffer/

MAKE THEM SUFFERは2008年結成のオーストラリア出身のデスコア・エクストリームメタルバンド。彼らは活動初期はブラックメタルやデスコアから影響の強いサウンドを奏でており、近年はDjent、ポストハードコア等の要素も取り入れた独自のエクストリームサウンドを奏でている。海外のみならず、ここ日本でも根強いファンのいる彼らだが、2018年Crystal Lake主催の「TRUE NORTH FESTIVAL 2018」並びにMHz FEST主催でのJapan Tourにて、初来日を果たす事が発表された。

今回、結成10周年を迎える彼らに対し、改めてバンドの音楽的ルーツや近年の活動の様子、待望の初来日に対する展望を伺うべく、VoのSean Harmanisよりメールインタビューにて話を伺った。

文 / Sean Harmanis(MAKE THEM SUFFER/Vo)  翻訳・編集 / 宮久保 仁貴


 

-TOPPA!!初登場という事で、皆さんの簡単な自己紹介をお願いします。

 

Sean : 俺たちは5人組のメタルバンド、MAKE THEM SUFFERだ!メンバー紹介をすると、Nick(Gt)、Jaya(Ba)、Jordan(Dr)、Booka(Key)、そして俺Sean(Vo)の5人組だね。この2年間、このメンバーで仲良くやってるよ!

 

-MAKE THEM SUFFERは歴史の長いバンドですが、このバンドの音楽的ルーツをお教え頂けますか?

 

Sean : 最初はブラックメタルやデスコアから強い影響を受けていて、その後、他の音楽の要素も取り入れ始めたんだ。具体名を挙げるなら……MY BLOODY VALENTINEやDEFTONES、PERIPHERY、その他のメタルコアバンドといった所かな。

 

 

ありがとうございます。それでは、現体制の皆さんがそれぞれに影響を受けてきた音楽を教えて頂けますでしょうか?

 

Sean : Bookaは幼少期からクラシックピアノを学んでいるんだ。彼女自身はポップミュージックが好きだね。

Nickは幼い頃から人一倍ギターに対する情熱のある男で、彼自身はBETWEEN THE BURIED AND MEに影響を受けているね。

Jayaは数々のバンドを渡り歩いてきた男で、彼の一番好きなバンドはMASTODON。

Jordanは過去、クリスチャンバンドでドラムを叩き、後進の指導をしていたんだ。彼自身はPERIPHERYやデスコアが好きだね。

そして、自分はデスメタルからロック、そしてラップミュージックが好きなんだ。

 

先日は新しい音源「27」を公開されましたね。皆さん視点でこちらの楽曲の聴きどころを教えて頂けますか?

 

 

Sean : 「27」は俺達の最近の楽曲の中でも、かなりパワフルな曲だと自負しているよ。この曲はA.I.の観点から書いたんだ。近年のテクノロジーが俺達を結びつけているように見えるけど……実は同時に引き裂いてもいる、そんな意味が込められているのさ。

 

-2018年8月、バンドはオーストラリアとニュージーランドでSILENT PLANETやOCEANS ATE ALASKA、THORNHILL等とツアーを回っていますね。現地のオーディエンスの反響は如何ですか?

 

 

Sean : 素晴らしいね!完売した公演もあるし、勿論それ以外の公演も大盛況さ!一本目から凄まじい盛り上がりだったね!

 

このニュージーランドツアーが終われば、次はCrystal Lake主催のTRUE NORTH FESTIVAL 2018出演やMHz Fest主催のJapan Tourが始まりますね。初来日公演となりますが、今回の公演に対する意気込みをどうぞ。

 

2018/9/16 TRUE NORTH FESTIVAL : https://crystallake15th.com/
2018/9/17,18 JAPAN TOUR Ticket : https://eplus.jp/ath/word/123407
2018/9/17 JAPAN TOUR VIP Ticket : https://vorpalmusic.thebase.in/items/11601357

 

Sean : 実は自分はバンドとは別に休暇で2回日本に行った事があるんだけど、全てが素晴らしかったね!そんな中、今回のオファーをもらった時は皆驚いたね!勿論素晴らしいショウを見せる事もそうだし、日本の文化を学ぶ事が出来れば、と思うね!

 

最近の活動の中で、印象深かった出来事はありますか?

 

Sean : 最近だと、今まさに行なっているツアーかな。オーストラリアでツアーする事が長年の夢だったからね!ブリスベンのショウはソールドアウトしたし、メルボルンのショウは今までプレイしてきた中で、一番ベストなプレイが出来たと感じたからね!

 

最近聴いた中でクールだと思った方や物を教えて頂けますか?

 

Sean : 自分はALVVAYSが好きだね!彼らの音楽性って90年代初期のテイストが上手く組み込まれているというか(これはあくまで俺の意見だよ!)。

 

 

物だと……映画『THE MEG』の公開が待ちきれないね!自分はサメ映画と『King Kong vs Godzilla』みたいなデカイモンスタが出てくる映画が好きなんだ!

 

-MAKE THEM SUFFERは今年で結成から10周年を迎えますね。バンドの今後の目標を教えて頂けますか?

 

Sean : 成長を感じなくなるその時まで、このバンドを続けたいね。ただ、まだまだ成長を感じるし、活動を止めるのは当分先になりそうだよ(笑)。

今後も世界を回って、新しい友人を作り、音楽を演奏し、楽しい時が過ごせれば良いね!

 

今回はツアー中、お忙しい所ご回答頂きましてありがとうございました。最後に来日を待ち望んでいるキッズ達へのメッセージをどうぞ。

 

Sean : 『27』もそうだし、去年リリースしたアルバム『Worlds Apart』を聴いて、初の来日公演を観に来てくれ!俺達も君達と一緒に遊びたいよ!待ってるぜ!

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.