まみこ部 インタビュー

まみこ部 インタビュー

まみこ部 (読み方 : まみこぶ)
Twitter : https://twitter.com/mankobu
Instagram : https://www.instagram.com/koshunn/

まみこ部は今年17歳のZ世代のYouTuber。彼は中学時代からYouTubeを主流としたインターネットに慣れ親しんでおり、自身もYouTuberとして中学1年生から活動を始めている。中学3年の頃から始めたチャンネル「まみこ部」では、チャンネルスタート時より、彼の独自な世界観・編集技術を垣間見る事が出来る。その後、彼はYouTuberシーンにおいて一斉を風靡した「チョコレートスモーカーズ」に「ヨハン」として加入する事となるが、この事をきっかけに彼の事を知った人も多いのでは無いだろうか。現在、彼はへきトラハウスやブライアン、しばなんチャンネル、きまぐれクック、よさこいバンキッシュ等が所属するYouTuber事務所Kiiiに所属し、自身のチャンネル「まみこ部」で精力的に活動を行なっている。

今回、Z世代のインフルエンサー・クリエイターとして日本のトップシーンを走るまみこ部に対し、生い立ちや思考、拘り等を伺うべく、ロングインタビューを実施した。

 

取材・文 / 宮久保 仁貴 編集 / 松江 佑太郎


 

-TOPPA!!初登場ということで、自己紹介をお願い致します。

 

まみこ部 : 本名がマミヤコウシュンって名前で、それをもじって中学生時代のあだ名がまみこで、それが名前の由来ですね。中学からYouTuberとして活動していて、現在は17歳で高校2年生です。中学1年の時から本格的にではないんですがYouTube活動を始めて、中学3年の時にYouTuberになりたいなという具体的な目標を持って本格的な活動を始めました。

何故YouTuberになりたかったのか、目指したか、やり始めたか、みたいな話をできるとインタビュー的には面白いのかもしれないんですけど……僕の特徴じゃないですけど、まあ僕って若いじゃないですか。という面で、やっぱり内面も、ぶっちゃけYouTube始めた当初から、だいぶ成長できたというか変わってはいるんですよ。なので、今振り返ってみるなら、最初から何か明確な考えを持ってYouTuberを始めたというよりかは、なんとなく「やりたいなあ」という気持ちからが強かったんですよ。そこから、「ある程度できた」の段階まで進むにつれて、どんどん自分も成長出来て……というかYouTubeと一緒に成長した感はありますね。あんまり他の人の人生には無いとは思うんですが……僕の中ではYouTubeが付随したものとしてあって、一緒に成長していったっていう感じですかね。

 

一番初めに見られたYouTuberというのはどのようなジャンルの方だったのでしょうか。

 

まみこ部 : 僕、昔からネットに関してはずっと見てて、初めてインターネットに触れたのはスマホじゃなくてPCだったんですよ。なので、今でもスマホのキーボード打つのもフリックじゃなくてPCのキーボード配列で入力してるぐらいで。そんな時代の頃……初期の頃からYouTubeとかニコニコ動画はずっと見てて。そして、やっぱり初期の頃って人が少ないんですよね。だからほんとに最初にいた人はほぼ全員見てたんですけど、やっぱりHIKAKINさんやワタナベマホトさんの初期からですね。HIKAKINさんはコラボも多いんですけど1人でやられてることが多くて。その反面、マホトさんは仲間内でわいわいやってる動画が多くて、何か命題を持ってというよりはみんなで楽しんでっていう雰囲気が個人的にはすごく好きで。それに憧れてじゃないですけど、「ああいう雰囲気って良いね!」って友達と言ってて、「じゃあ、やろっか!」っていうノリから僕もYouTuber活動をやり始めたんです。

 

黎明期から見られていたのですね!ちなみに、まみこ部様は活動初期からチョコレートスモーカーズ時代、そして現在に至るまで独特の動画内容・編集センスでキッズからの支持を得られていらっしゃいますね。近年は赤トマト様が編集されている事も多いと思うのですが、普段動画作成・編集を行う上で意識している事で意識している事を教えて下さい。

 

まみこ部 :最近は何も言わなくても赤トマトに全部任せられるようになったんです。最初、「一緒にやっていくし、編集も一緒にやってみよっか?」みたいな話になって。実際、彼も元々別でYouTuberとして活動してたんですけど、最初出てきた映像が自分の思ってたものと全然違ったんですよ。「ここをもうちょっと工夫できない?」って言ったら、その頃はニュアンスが分からなかったみたいで……。

こういう事を言うと、天才気取りみたいになっちゃうんですけど、自分はやりたいと思うことを動画上でやってみてるだけなんですよね。なので、明確な基準でここはこうしようとかじゃなくて、たまに「ここはなんか……こうやっていじりたいな!」って思ったらいじるみたいな……言うなら、基本の編集の中に趣味を何個かぶち込んでる感じです。YouTuberさんで近しい物を感じたのがウマヅラビデオさんですね。ウマヅラさんの昔の動画もそんな感じなんですよ。だから、赤トマトに編集を教えてる時に、ウマヅラさんの動画をオススメしたりしてますね。ただ、完璧にお互いが求めるのは難しいよね……みたいな話にはなってますね。動画に関して、自分の場合、好きなものを作っているだけなので……趣味です(笑)。

 

 

ちなみに、まみこ部様は普段のSNSのポストやYouTube動画内にて、ワンランク上のコーディネイトをされていらっしゃいますね。ファッションへのこだわりを教えて頂けますか?

 

まみこ部 : ファッションに詳しいように見せてるんですけど……ぶっちゃけこの歳でファッションめちゃくちゃ詳しいかと言われると、そんなに知識もないですし。ファッションに興味持ち始めたのもここ数年なので、それでファッション語るのもどうなのかなと思いながら着てて。ただ、とりあえず好きな服を着ようみたいなスタンスで服は着ていますね。だから、今これがアツいなとか好きだなっていうよりかは、「これはやらないようにしよう……!」って事を考えています。

例えば、僕は古着も着たり、ハイブランドもちょくちょく着たりするんです。ハイブランドのものってすごく良いものだしかっこいいんですけど、例えばSupremeだったらSupremeって書いたものだけ着て、下はY-3とか。せっかくBalenciagaのキャップとかGUCCIとか着てるのにベルトはY-3みたいな。そういうコーデに対して、「なんで?」って思う事が多いですね。流行りのヤンキーファッションみたいなものにはなりたくないなと思ってて。せっかくそういうのを着るんだったら、他の人たちと別にしたいじゃないですか。だからGUCCI着るんだったら全身GUCCIとか、その辺の人がやっていない事をしたいですね。他の人が持っていないものを欲しいかなと思っちゃう人間なので。SupremeのロゴTシャツとかBalenciagaのキャップとか可愛いと思うんですけど、他の人と同じになっちゃうのは嫌だなと。

 

古着の話ですと、よくMEGADETH等のTシャツを着られていますが、これは良いな!と思う音楽のジャンルなどはありますか?

 

まみこ部 : 僕って趣味が雑多な人なので、いろんなところに手を伸ばしちゃうんですよ。だからどのジャンルがめちゃくちゃ詳しいとかはないんですよね。でも、音楽はいろんな趣味の中でも結構好きな部類に入ってて。よく聴くんですけど、何を一番よく聴くかと言われても特には無いって感じで、いろんなジャンルに手を伸ばしてて。

それこそMEGADETHなんかは最近知ったんですよ、実は。Tシャツ着てるのに(笑)。なんで知ったかというと、カワグチジンくんが最近レコードを買っておられて、「一緒に聴こうよ!」ってジンくんと一緒にレコード聴いてた時に、MEGADETHのアルバムをオススメされたんですよ。いざ自分も聴いてみたら衝撃を受けまして……早速自分もMEGADETHのレコードを買って、Tシャツ買って……そういう経緯です(笑)。

洋楽もそうだし、邦楽もジンくんにオススメされて聴いたんですけど、水越けいことかずっと聴いてたりして……「良いな……!」と思ったものにはすぐハマっちゃって、どんどん聴いて吸収していってますね。だからどのジャンルというわけではないですけど……いっぱい聴きます。雰囲気でバーッて聴いて、良いものは良いみたいな……他のジャンルもそうなんですけど、広い範囲から吸収していくタイプですね。

 

ありがとうございます。その年齢で触れられている物が良い意味でシブいですね!それでは、現事務所Kiiiに所属するに至ったきっかけを教えて下さい。

 

 

まみこ部 : 基本的にYouTuberって、強みでもある部分だとは思うんです。言うなら、1人でやって1人で稼いでみたいなところがあって。ただ、1人で解決できちゃうって部分がダメなところでもあるので、じゃあもう少しいっぱいの人に関わってもらうべきでもあるんですよ。諸々踏まえた上で、事務所に入る事はどういう事かと言うと、事務所から「こういうことをいっぱいやってあげるよ。」という事では無いと思うんです。事務所っていわば会社じゃないですか。だから、会社って「入ってください。」「じゃあ入ります。」っていう関係じゃないですか。「こういうことします、その代わりにこういう事してください。」っていう事のは、それはもうビジネスの上で鉄板の関係じゃないですか。だから、諸々事務所からしてもらうのはいいけど、自分たちクリエイターの側からこういうことするのは嫌だとか、例えばお金取られちゃうのとか、そういう具体的なことが嫌だったら入らなければいい話なんですよ。YouTuberの良いところって1人で完結できちゃうところなので、入らなくても成り立っちゃうんですよ。

でも、よく考えた時に、僕ってまだ17歳じゃないですか。17歳のやつが1人でできることって何だと色々考えまして。どこまでいっても自分は17歳なんだから、そんなに自分の力を信じすぎるのは良くないというか……せいぜい17歳の雑魚なんだから、「ちゃんと大人の力を借りた方が良いものできるに決まってんだろ!」と。そういう気持ちで事務所に入る事を決めました。

 

ちなみに、まみこ部様のリスナー様のお名前は何というのでしょうか?

 

まみこ部 : リスナーさんの名前は特に無いですね。そういうのが好きじゃないんですよ。なんかダサいじゃないですか、絵文字とか付けるの。まあ他の人の所は、そりゃ個人個人の判断にもよるんでしょうけど……例えばリスナーさんからリプライ来たときに、「(別の人)推し!」ってなったら、なんか違うじゃないですか。例えば、別によさこいバンキッシュのわきお君の話してるわけじゃないですけど、もし仮にリスナーさんから沢山リプライ来た時に、「わきお推し、わきお推し、まみこ推し」って感じだったら、どうなのかなと。俺の事を本当に好きって言ってくれるのに、他の人に対して「俺の事好きだよ!」って大声で言って回るようなことさせなくていいんじゃないかなと思っていて。例えば「HIKAKINさんが好きです。」「マホトさんが好きです。」「ジンくん好きです。」だったら別にいいですけど、「まみこ部好きでーす!」って言われても「おぉ……(汗)。」っていう感じのチャンネルだし、そんな大声で好きだよって言えるような人間でもないと思ってるので(笑)。Twitterとかで絶対みんな書くじゃないですか。勿論リスナーさんの事は大事に考えているんですが、個人的にそういうのは恥ずかしいなと思っています。

 

なるほど。ちなみに、リスナーさん達との交流イベントとして、先日は渋谷チェルシーホテルにて詐欺やでホンマ!」、そしてKiii事務所にてまみこ部 新生活応援キャンペーン」の2イベントを開催されましたね。この日の手応えは如何でしたか?

 

まみこ部 : リスナーの皆さんのありがたみを感じましたし、それに自分も応えたいんで、時間いっぱいギリギリまで対応しましたね。他の人って、イベントの人数多くなっちゃったりすると、ファンサの時間短くなっちゃったりとか、他の人もいるから時間短めで、とかあったりすると思うんですけど。実際、自分もそんなに長くは出来なかったけど……出来るもんなら1人1人30分は話したいよって感じなんですけど、結構他の人よりもイベントの密度は濃くできたのかなと思います。みんな満足して帰ってくれたというか、イベントはめっちゃ良いって意見を毎回頂いているので。我ながら、毎回結構良く出来ているのかなぁとは思います。

自分はイベント開いてもめちゃくちゃ人数来るわけじゃないんですが……とはいっても普通の感覚からいけば50人とか60人から、クラスで言ったら1クラスか2クラスの人が集まるわけで。そんな人数を呼べる事って実は結構凄い事で、そのありがたみを1回1回噛み締めないとダメだなと思っています。なので、イベントは毎回ちゃんと満足のいくイベントにしたいなと思ってて、軽くイベント開催するのは好きじゃないんです。本当に自分が余裕あってしっかり対応できる時にやろうと思っていますね。そんな訳で、夏はちょっと忙しかったので開催出来なかったんです。

 

これからのイベント開催が待ち遠しいですね!さて、今まで活動されてきた中で、一番印象深かった出来事を教えて下さい。

 

まみこ部 : これは昔から思ってる事なんですけど、改めて”人と会う”事ってすごく重要だなと。自分は中学3年生から本格的にYouTuber始めたんですけど、そこまではノリみたいな感じで撮っていたんですよ。中3の時に、関西で同じく中3のYouTuberがいて、一緒に動画撮る流れになったんです。そこから仲良くなって、初めて他のYouTuberの方とも知り合いまして。今もやってるんですけど、自分とバスターズのKOUKIと2人組グループの不良少年、この4人でずっと仲良くしていて。

 

 

 

そうするうちに、関西でオフ会がある事を知って。今はイベントって言いますけど、あの頃の呼び方はオフ会だったんです。自分が初めて行ったオフ会は、大阪城公園でやっていた禁断ボーイズのオフ会で、「こんなんあるんや……!」って衝撃を受けました。禁断ボーイズさんとも生で会えて、他にも色んなYouTuberさんと会えて、すごく刺激になったんですよ。そもそも大人に会って話す事が貴重な経験だと思っていたので、そこからオフ会あったらバンバン行って先輩に会って、いろんな人と仲良くさせてもらいましたね。そこから自分の感覚コロッと変わったと言うか……人との繋がりって大事な事なんだなって気付けて。実際オフ会から繋がった事もありますし、こうして東京に来ても初めましてじゃない人もたくさんいさせてもらってますし。人と会うことの大切さ、ちゃんと話す事、いろんな刺激を受ける事の大事さを知れた事……人生において気付く段階が早かったのはプラスだなと思います。

 

その年でその事に気が付ける人は中々いないと思います。色々な方に会われたかと思いますが、尊敬しているYouTuberを教えて下さい。

 

まみこ部 : ずっと最初から言ってるんですけど、三納物語さんですね。あの人、自分が100人ぐらいの時にたまたま見てくれたみたいで、「お前は面白いから伸びるよ。」って僕の動画にコメントして頂いたりしてて、そこから仲良くしていただいていろいろお世話になっています。今、三納さんはもう登録者が47万くらいまで伸びてて、直近だと夏の3本投稿とか、独特の世界観をああやって出す所に、僕も同じ点を感じています。まあ、世界観の内容は違えど、そういうところもすごく好きだなという部分で、尊敬してますね。努力と、世界観を出していく。そこは自分は当初から言っているし、変わらないですね。

 

 

そして、オーソドックスに凄いと思っているのは……結局HIKAKINさんになってくるのかなって思います。名前出してない方に対して尊敬してないとかじゃなくて、結局1番が誰かと問われるとこの人ですね。この人がいなければYouTube始めてないところがありましたし。HIKAKINさんに関しては、もう無くてはならないというか、子供が見ても大人が見ても見られると思うんですよ。全年齢が見られるものを作るのって結構難しいと思うんですよ。そもそも動画の凄さっていうのもありますし、清潔感というかすごくクリーンで、人に不快感を与えないっていうのがすごく大事だと思いますし。あと、メディアへの露出の仕方がYouTuberを牽引してくれているというか。あの出方をしてくれる人は本当に有り難いなと言いますか。世間の風が冷たいからとか、YouTuber認めろよとか言いたいわけではないんですけど、YouTuberの印象がメディア上で悪く思われないようにというか、考えてやっておられるんだろうな、と。HIKAKINさんからは信念やポリシーを感じ取れる部分が多いですね。

 

ちなみに、近年触れた/聴いた中で感銘を受けた物または者はありますか?

 

まみこ部 : これは是非1回観て欲しいな!というか、おすすめしたいのが、2014年の『ホームレス ニューヨークと寝た男』っていう映画です。ファッションスナップを取るカメラマンの話なんです。主人公がすごいかっこいい男の人でカチっとした清潔感のある人なんですけど、実はホームレスで、マンションの屋上で寝ていて、通っているジムのロッカーに全部荷物を置いてある様な人なんですよ。そして、この主人公は本当にいるんですよ。日本に来られた時のインタビュー記事とかもあって、最初は「これフィクションなんやろな。」と思ってたら本当にいる事を知ってビックリしましたね。内容はネタバレになっちゃうんで言わないですけど、彼の生き方を見ていて思ったのは、固定概念に縛られて生きるのは良くないなという事ですね。「幸せって何なのかな……?」と考えた時に、お金とかいろいろありますけど、「めんどくせぇな、そういうの考えるの……。」と思ったんですよね。ステータスに縛られて生きるのは面白くないなって感じますし。日常生活でたまにふっと考えた時に思う事とこの映画は結構共通してる部分もあって、映像もおしゃれですし、良いなと思いました。

 

ありがとうございます。それでは、YouTuberとしての活動の話に戻しますと、近年のYouTuberシーンは最早一般層にも認知されつつありますね。こちらについて、普段感じていらっしゃる事を教えて下さい。

 

まみこ部 : 観てもらう人たちをどんどん増やす段階は去年くらいで終わったのかなと。もう後は、離れていくか、ついていくか、だんだん落ちていくかの3パターンに分かれると思っているので。現状は、とりあえず一旦YouTuberっていうものを皆何かしらの形で知ったと思うんですよ。興味ある人はもう見たし、興味無い人はもう見ないかなって感じで。「YouTuberって何ですか?」って思う若い人の層はもういないですよね。大人とかでも「YouTuberって何ですか?」って言う40代以下の人はあんまりいないんじゃないかなと。一言で言うと今の状況って一つの市場が出来上がってるじゃないですか。市場が広がるのは良い事だと思うんですけど、その分大多数が見るメディアになりすぎたっていうのが良くない部分ではあって。

というのは、YouTubeってもともとネットっぽくない部分がちょっとあったんですよ。2ちゃんねるとかニコニコ動画は本当に”THE インターネット”みたいな雰囲気だったじゃないですか。YouTubeに関しては、黎明期は子供でも見られるぐらいの緩くて良い雰囲気だったと認識してるんですけど、今は大衆向けのメディアになりすぎているのかなと。「これは、本当にインターネットなんですか?」と思ってて。本来、YouTube上ではテレビと違った良い緩さがあったと思うんですけど、規制の基準がコロコロ変わって分かりにくすぎて、本当に面白い動画を作っている、楽しくYouTubeやってる人は少なくなってきていると思います。大衆向けになったから規制強くしなきゃいけないっていうのは分かるんですけど、本当に面白いことをやろうとしている人が、YouTube側から「あ〜、これはダメです!」って言われがちだな、と。変な話、これTVだとOKな事も、今のYouTubeではダメになる事も多いし。シンプルに言っちゃうとやりづらくなったっていうのがありますね。今は今で好きで、昔の方が好きだったんだよね、みたいなそういう言い方は好きじゃないんですけど、妙に小難しくなっちゃいましたね、インターネット全体が。なんでも突っかかってくる人も増えたなと思います。

 

確かにここ最近で一気に規制が強まりましたよね。運営側もクリエイターも視聴者も良い感じでバランスが取れる時代が来ると良いのですが……。そんなYouTubeシーンで活動されている中で、今後の目標、予定を教えて下さい。

 

まみこ部 : 大前提としてYouTube大好きだし、映像とか何かを作ることも大好きだし、それはやってて楽しいんですけど。ただ、今めちゃめちゃYouTubeをやりたいっていうわけじゃないんですよ。人に話すと「えっ!?」てなっちゃうことも多いんですけど。

じゃあ何がやりたいんだって言われても、別に何かがやりたいわけじゃないって感じで。でも、好きな事であるYouTube活動が需要がある世の中で、これってすごく貴重だしありがたいことだし、それをやりませんっていうのはわがままだなと思って。だから逆にYouTube以外の活動もやろうって思ってもYouTuber辞めようとは思わないんです。ただ、そこに対してちゃんとしっかり向き合いたいっていう思いますね。自分が見られる事、自分の身になる事、それらに対して真剣に精一杯向き合い続けられればなという気持ちでやってますね。

 

この度は諸々ご回答頂きまして誠にありがとうございました。それでは最後に、これからYouTuberを目指すキッズに対してメッセージをどうぞ。

 

まみこ部 : いっぱい言いたいことはあるけど……。ああ、強いて言うなら「YouTubeはもう子供の遊びじゃなくなってきた部分あるから、やるなら気を付けてな。」っていう点ですね(笑)。

 


まみこ部 サイン入りチェキ プレゼントキャンペーン】

応募要項
2018年9月10日(月) 21:00〜2018年9月24日(月) 23:59までの間に、下記(1)-(2)の項目を行って頂いた方の中から、
抽選で1名様にまみこ部 サイン入りチェキをプレゼント致します。

(1)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIA上の該当Tweetをお持ちのTwitterアカウントにてRT
URL :https://twitter.com/TOPPA_MEDIA/status/1039121316643725312

(2)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIAをお持ちのTwitterアカウントにてフォロー
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA

※当選後、ご指定頂いた住所への送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

※同一人物による複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

【当選者発表
当選者発表は2018年9月30日(日) 20:00を予定しております。
当選者をTOPPA!! Twitterアカウントにて発表後、 同アカウントから当選者様のTwitter宛に、プレゼント発送の詳細をお送り致します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.