Masahiro “Godspeed” Aoki 青木征洋 インタビュー

Masahiro “Godspeed” Aoki 青木征洋 インタビュー

Masahiro “Godspeed” Aoki 青木征洋(読み方 : まさひろ”ごっどすぴーど”あおき/ あおきまさひろ)
HP : http://www.vivix.info/
Twitter : https://twitter.com/godspeed_vivix
YouTube : https://www.youtube.com/user/Godspeed8040

近年、機材やSNSの発展により、数多くのテクニカルギタリストが日の目を浴びる機会が増えてきた。そして、ここ日本でも同様の現象が起こっている。そんな中、日本のテクニカルギターシーンにおいて、Masahiro “Godspeed” Aokiこと青木征洋氏が立ち上げたG5 Project及びG.O.D.(GUITARISTS ON DEMAND)の存在は金字塔として大きく聳え立っている。

青木氏はギタリスト・コンポーザー・プロデューサーの3面性を持ったマルチプレイヤー。過去、株式会社カプコンに所属し、『戦国BASARA』シリーズや『ストリートファイターⅤ』の作編曲を手がけ、近年はTVアニメ『メイドインアビス』のOPテーマ「Deep in Abyss」(※KanadeYUKと共作)の作曲や、音楽ゲーム『CHUNITHM』『GITADORA』等への楽曲提供を行なっている。そして、自身のレーベルViViXを2018年株式会社ViViXに改変し、代表取締役として活動している。

今回、青木氏は、2018年8月8日に待望の新作『THE GAME CHANGER』をリリースする。本作は『GITADORA』全国大会の最終決勝曲となった「Blaze」等、青木氏の音楽ゲーム参加作品を余す所なく収録したマスターピースとなっている。『THE GAME CHANGER』をリリースする青木氏に対し、改めて彼の生い立ちや音楽的ルーツ、本作の聴きどころ、彼自身の思考を紐解くべく、メールインタビューにて話を伺った。

文 / Masahiro “Godspeed” Aoki 青木征洋  編集 / 宮久保仁貴


 

 

TOPPA!!初登場という事で、改めまして青木様の自己紹介をお願い致します。

 

青木 : 初めまして、青木です。簡単に僕の音楽遍歴をご説明すると、まず物心付く前にクラシックピアノを習い始めました。その後、14歳でギターに転向し、16でDTMでの作曲に目覚め、17でそれをパッケージにして販売することの楽しさを知りました。大学では信号処理やエレクトロニクスについて勉強して、23で株式会社カプコンに入社し、29歳で独立して今に至る、という感じです。

DTMの導入は日々の練習のリズムトラックを作ったり、バンドの同期を作ることが目的だったんです。ただ、バンドスコアを見ながら打ち込みに慣れていく過程で自然と自分でも曲を作ってみたいと思うようになりました。今となっては信じられないことですが、最初は歌モノのデモばかり作ってました。

大学に入った当時はシラバスを隅々までみて、音楽に関わる授業が無いことに愕然としました。ただ、今となっては信号処理や半導体を齧っていたことが多少なりとも仕事に役立っているので世の中無駄なことなんて無いものだなと思います。ちなみに僕が大学1〜2年生の間だけ開講されていた授業でゲーム業界から著名なクリエイターを招聘してゲーム制作の現場について語って頂くというものがあったのですが、僕がゲーム業界に行きたいと思った一番のきっかけはそれだったかもしれません。

 

それでは、青木様の音楽的ルーツを教えて下さい。

 

青木 : クラシックピアノを習っていたので自然とクラシックピアノの音楽を聴く時間が多かったです。オーケストラよりは圧倒的にピアノでした。あとはファミコン、スーファミ、プレイステーション…とゲームをやりながら育ったのでゲームのサウンドトラックはとにかくよく聴きました。当時のスクウェアの音楽はほとんどサントラを買い揃えてましたね。

インスト音楽ばかりを聴いていた僕が歌モノを聴くようになったきっかけはB’zでした。B’z The Best “Pleasure”発売当時中学二年生だったのですが、あまりにも周囲が盛り上がっていたので興味があってTreasureを買ってみたところどハマりして。それで松本さんがかっこいいと思ってギターに傾倒する中でYOUNG GUITAR等のギター雑誌に出会い、洋楽ギターヒーロー(Yngwie Malmsteen、Paul Gilbert、Chris Impellitteri、Steve Vaiなどシュラプネル系のアイコニックなヒーロー)の音楽を好んで聴くようになりました。クリエイターとして影響を受けた音楽もまさしくこういった好きで聴いていた音楽じゃないかと思います。

 

改めまして、この度はソロアルバム『The Game Changer』のリリースおめでとうございます!青木様が参加された音楽ゲームの数々の名曲が収録されていらっしゃいますが、今回のリリースのきっかけを教えて下さい。


【リリース情報】

【タイトル名】
『The Game Changer』

【発売日】
2018/8/15 (※配信は8/8よりスタート)
Amazon 予約URL : http://amzn.asia/gKF11vW
iTunes : https://itunes.apple.com/jp/album/the-game-changer/1415601090

【価格】
1,800円(※税抜)

【収録曲】
1.The Game Changer
2.Blaze
3.busy come, busy go!! -instrumental version-
4.Surge -alternative groove version-
5.Atmonsphere
6.Eruption
7.Lost in the maze
8.Gate of Fate
9.Like the Wind ~ The wheel to the right (インド人をメタルに)
10.Gate of Doom
11.Gate of Fate – extended version-


 

青木 : 2015年にSEGAのCHUNITHMに参加させて頂いて以来音楽ゲーム関連の話を頂けるようになりまして。楽曲の数が溜まったところに、黒沢さんからの同時リリースのお誘い頂いたのがきっかけでした。

 

それでは、本作の聴きどころを青木様視点で語って下さい。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.