NECRONOMIDOL インタビュー

NECRONOMIDOL インタビュー

柿崎李咲:最近だと対バンしたマシリトさんですね。先ほども言った通り、今までこういう音楽に触れてこなかったんですけど、すごいなって衝撃を受けました。

 

 

歌唱・リリック共にすごく良いバンドですもんね。

 

柿崎 李咲:NECRONOMIDOLの歌詞は結構浮世離れしているので、歌詞で伝えるというところがすごく難しいんですけど、マシリトさんの曲は歌詞がすごく心に響いてきましたね。

 

月城ひまり:私はアニメオタクなので、毎回その期毎のアニメの中で「一番GODだな」と思うアニメソングを決めているんです。2018年の冬アニメは『魔法使いの嫁』というアニメの2クール目のオープニングでしたね。May’nさんの「You」という曲なんですが、流れた瞬間に自然と涙が溢れそうになる感覚があってMay’nさんと言ったら、過去アニメの『マクロスFRONTIER』のシェリル・ノームの声を担当されてる方なんですけど、この曲もマクロスを彷彿とさせるような曲でしたね。

あとは、ヤなことそっとミュートさんというアイドルさんは結構対バン一緒になることも多いのでよく観させて頂いていて、すごく好きですね。アーティストだなって思えるようアイドルさんです。

 

瑳里:6月に「FAREAST DEATH CULT 2018」で対バンするから……ということで、ファンの方からCataplexyさんの2ndを頂きまして、ちょっと聞いてみたら私にはまだ難しい世界だな…と(笑)。でも、結構そういうジャンルって、生で見てみるとまた全然違うと思うので、早く対バンしてCDと現場の感覚の違いを体験したいなって思っています。

 

‐まさかブラックメタルのCataplexyの名前が出て来るとは思いませんでした!

 

瑳里:はい!そうです。ぜひ聞いてみてほしいとファンの方から頂きました。

 

今泉怜:最近のアイドルさんだと、絶叫する60度さんのMCが心にグッと刺さるので、それはすごいなって思ってます。私もMCでお話を担当させて貰うことが多いので、彼女達から刺激は頂いています。

 

‐では、ネクロ魔を一言で表すとどういうアイドルだと思うかお聞かせ願えますか?

 

夜露ひな:一言で表すと「暗黒系アイドル」ですね。でも、暗黒と言ってもただ暗黒なのではなくて、映画の悪役とかも自分たちのことを正義だと思って動いてると思うんです。だからネクロ魔も正義がある「暗黒」として、「暗黒系アイドル」と名乗っています。

 

‐そんなネクロ魔のファンの皆さんはなんと呼ぶのでしょうか?

 

今泉怜:正式名称っていうのは特にないんですけど、魔オタって呼んでることが多いですね。

 

柿崎李咲:ファンクラブは暗黒教団という名前で、入ってる方は教団員、信者みたいな感じかな。

 

‐普段のネクロ魔のライブにおいて、お客さんのノリはどのような感じなのでしょうか。

 

月城ひまり:基本的にはアイドル現場なので、ネクロ魔でもアイドル特有のケチャとかコールはありますね。あとはネクロ魔って振りが面白いんですけど、自分たちと一緒にファンの皆さんも踊ってくれたりとかして、すごく一体感があって楽しいです。

 

‐海外でのライブもされるかと思うんですけど、国によってノリに差はあったりしますか?

月城ひまり:ノリ方は国ごとに全然違う印象はありますね。去年行ったアメリカだと一緒に盛り上がってくれて、常に歓声が途絶えないような感じでした。ヨーロッパは座って観覧だったんですけど、本当に舞台を観るように最後までずーっと見てくれて、最後に拍手が起きたり、涙を流して下さったりっていう反応でしたね。

 

‐通常のライブ+バンドスタイルでの活動も近年よく行われていらっしゃいますが、通常のライブとバンドスタイルで感じる違いを教えて下さい。

 

柿崎李咲:バンドスタイルでのライブの時は、普段と違ってバンドサウンドが好きなお客さんが多い印象がありますね。

 

瑳里:オケだけで踊ってる時はNECRONOMIDOLというアイドルだ!って感じがすごく強いですね。「ガールズパワー!!」みたいな(笑)。バンドスタイルの時は、一層迫力が増す感覚があって。ステージに立っていても音が直接心臓に響くの感覚があってすごく楽しいですし、全然感覚は違いますね。

 

-それでは、今年1月よりタワーレコード限定にて、現メンバーでの再録版『遺骨猛吹雪』をリリースされましたね。こちらの聴きどころをメンバー視点で教えて下さい。

 

TOWER RECORDS『遺骨猛吹雪』購入ページ : http://tower.jp/item/4692069/%E9%81%BA%E9%AA%A8%E7%8C%9B%E5%90%B9%E9%9B%AA

 

柿崎李咲:『遺骨猛吹雪』に入ってる2曲とも、アイドルっぽくない曲だなって思うんです。ただ、声はすごくアイドルだから、声の微妙に不安定な感じとかが味になっててすごくいいなって思います。

 

瑳里:1stシングルの『遺骨猛吹雪』は歌も下手ですし、すごく違和感があって聞き辛いなって今だと思うんですけど。今回はみんな歌も上手くなってきて、説得力のあるシングルになっていると思います。

 

今泉怜:今回、個性を声で出していく点を重要視しています。今回のシングルはセリフも各々入ってたりするので、全然違う個性を声でも聴いて頂けたらなって思います。

 

月城ひまり:『遺骨猛吹雪』に入ってる2曲とも高低差がすごくある曲で、とても苦労しましたね。あとは「あたいの爪痕」のセリフの言い方にそれぞれ指示があったんです。例えば「君の元へ戻る」という台詞では「怜さん以外は希望を一切持たない感じで」という指示だったんですけど、怜さんだけは唯一の希望みたいな感じで、という指示だったんですね。そういうところがいつもの収録とは全然違って物語じみてて楽しかったですね。

 

夜露ひな:いつも歌が上手なかきちゃんが録った聞いてから歌うので、レコーディングのトップバッターはかきちゃんって決まってるんですけど、今回は私がトップバッターで……。すごく大変だったので「かきちゃんは偉い、尊いな……」って感謝の気持ちがあふれ出ました(笑)。

 

‐話は脱線しまして、今後のアイドルシーンはどうなって行くと思いますか?

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.