岡田早由 インタビュー

岡田早由 インタビュー

 

岡田早由(読み方 : おかださゆき)
Twitter : https://twitter.com/MetalSayuki
Facebook : https://www.facebook.com/sayuki.okada.50
Dekalog11 : http://dekalog11.com/

近年、『世界過激音楽』シリーズと題し、数多くのサブジャンルに特化した音楽書籍を出版している合同会社パブリブ。そのいずれもが非常に読み応えのある名書籍ばかりだが、今回ご紹介する岡田早由女史が執筆された『東欧ブラックメタルガイドブック』も外せない。書籍内容としては、彼女が在住しているポーランドを第一章に、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーで活動する現地のブラックメタルバンドの詳細なバイオグラフィーやインタビューが掲載されているマスターピースだ。また、執筆者である岡田女史はブラックメタルへの想いから、実際に本場のブラックメタルを体感すべく、ポーランドに移り住んだ熱意の持ち主であり、実際に現場を見ている彼女から溢れ出た言葉は、一文字一文字に重みが篭っている。

今回、そんな岡田女史に対し、彼女の生い立ちや音楽的ルーツ、執筆活動において印象深かった事、実際の東欧ブラックメタルシーンの動向等を聞くべく、メールインタビューを試みた。

文章 / 岡田早由 編集 / 宮久保 仁貴


 

-TOPPA!!初登場という事で、岡田様の生い立ちから、現在に至るまでの経歴を教えて下さい。

 

岡田早由 : 生まれは関東の田舎町で、音楽に興味を持つようになったのは小学校高学年あたりでした。高校生の頃に、週末は電車で2時間ほどかけて都内に出てCDショップをまわるようになり、偶然ジャケ買いしたアルバムでメタルにハマりました。

 

-ちなみに、一番初めに購入されたアルバムは何だったのでしょうか?

 

岡田早由 : メタル系で一番最初に購入したアルバムは、Mercyful Fateの『Time』でした。当時このバンドの存在は知らなかったのですが、ジャケットのカバーアートに惹かれジャケ買いをしたんです。そして、曲も非常に気に入って、そこから他の作品も集めるようになりました。大学時代、プログレッシブ・ロックやパンク、70~80年代の邦楽ロックなどにもハマっていたのですが、大学を卒業し音楽関係の仕事をしているうちに結局またブラックメタルに戻ってきました。

 

-そんな岡田様が一番初めに音楽を聴くようになったきっかけを教えて下さい。

 

岡田早由 : 一番最初に音楽に目覚めたのは、小学校6年生の頃です。偶然本屋さんで見かけた雑誌の表紙を飾っていたDIR EN GREYがきっかけです。当時の彼らは完全にヴィジュアル系スタイルで、その不気味な見た目に惹かれて、隣町のCDショップまで『FILTH』というシングルを買いに行きました。これが生まれて初めて自分で購入した思い出深いCDです。余談なんですけど、その時に1円だけ足りなくて、目の前に欲しいCDがあるのに買えずもどかしく、ゲームセンターに小銭が落ちてないか探しに行った思い出があります(笑)

 

-DIR EN GREYの初期楽曲ですよね!現在もそうですが、当時から彼らは良い意味で異彩を放っていましたよね。それでは、更に岡田様の音楽的ルーツをお教え願えますか?

 

岡田早由 : 音楽に目覚めた当時、我が家にはまだインターネットが無かったので、DIR EN GREYとの出会い以降、雑誌を頼りに他のバンドの音源も購入するようになりました。まだクレジットカードも銀行口座も持っていなかったので、現金書留で都内のお店にお金を送ってCDを送ってもらってましたね。中学生時代は名古屋系と呼ばれるヴィジュアル系バンドたちにひとしきりハマり、高校生になってから本格的にメタルを聴くようになりました。最初は、後のブラックメタルに影響を与えたデンマークのMERCYFUL FATEやKING DIAMONDに夢中になって、そこからどんどんブラックメタルバンドをチェックするようになっていきました。

 

-そこから諸々を経て、ポーランドに移住された訳ですが、なぜポーランドに移住しようと思われたのですか?

 

岡田早由 : もともとポーランドのブラックメタルが好きで、特に2012年頃からFURIAというバンドにハマっていました。その当時、都内で一人暮らししながら仕事を3つ掛け持ちして、時々海外にバンドのライブを観に行ったりしていたんです。ずっとこの生活を続けるんだろうなぁと思っていたのですが、転機が訪れたのは2014年の6月頃でした。当時はあまりツアーをやっていなかったFURIAが、11月にポーランドで国内ツアーを行うという情報を知ったのです。それを知った日から、「これは行かねば!!!」と頭がそのツアーのことでいっぱいになってしまったんですよね。FURIAのライブはいつか絶対にどこかで観たいと思っていたし、なんならバンドのホームページから「わたしはあなたたちのファンです。いつかライブを観たいです」とメッセージを送ったこともありました(笑)。

 

 

ちょうどその頃、海外に1年くらい住んでみたいなぁと思っていたんですよ。その中でも、ポーランドは過去に2回訪れていてとても気に入っており、さらにポーランドでブラックメタルのライブを観た時に現地の人に非常にお世話になった思い出があって。なので、そのツアーを廻るついでに、ちょっとポーランド辺りに住んでみるかと決心しました。そこからは仕事を辞め、アパートを引き払って2014年の10月に日本を発ちました。わたしが日本からやってくることを知っていたオーガナイザーとバンドメンバーはわたしを快く迎え入れてくれ、無事に一緒にツアーを廻ることができ、もうそれは夢のように楽しい10日間を過ごしました。そのツアー時に現地で色々な人と出会って、わたしはそのままポーランドに居つくことになったんです。

 

決心されて大きく人生が変わりましたね!ところで、岡田様は合同会社パブリブより、『東欧ブラックメタルガイドブック』を執筆されていらっしゃいますね。こちらの書籍執筆のきっかけを教えて下さい。

 

Amazon : https://goo.gl/Uxp7vE

 

岡田早由 : 私はYouTubeに動画投稿をしているんですよ。基本的に旅動画やなんでもない日常を撮った動画ばかりをアップしているチャンネルなんですけど、ブラックメタルバンドのCDジャケットを弁当で再現する動画も作ったりしていて(笑)。その動画がきっかけで、濱崎さんがわたしのYouTubeチャンネルをチェックしてくださるようになったんです。さらに、2017年の1月頃から小規模ですがディストロを運営し始めて、それもしっかりチェックしてくださっていました。そして、同年4月に、「東欧のブラックメタル括りで執筆できないか」と、メールでご連絡いただきました。

 

Dekalog11 : http://dekalog11.com/

 

私は元々、濱崎さんのことは存じ上げていて、「何だか色々と面白いことをしている方だなぁ。いつかお話ししてみたい!」と思っていたので、最初にご連絡いただいた時は本当に驚きましたし、とても嬉しかったです!もちろんすぐに、「ぜひ書かせてください!」と返信をしました。

 

-このご縁……インターネット社会の良い一面ですね! ちなみに、執筆活動の上で辛かった事を教えて下さい。

 

岡田早由 : 私の場合、レビューよりも、コラムや国の歴史について書くのが大変でした。外国語でしか得られない情報もあって、間違えた翻訳をしていないか心配だったり、あまり適当なことは書けないなというプレッシャーがあったり……執筆しながら大学時代の卒業論文を思い出しましたよ(笑)。

あと、これは執筆中の辛かったこととはちょっと違うのですが、ついに本が完成して出版される数日前に、突然不安に陥ってしまったんです。執筆終了直後は「やっと書き終わった~!」という達成感と解放感でいっぱいだったのですが、しばらくすると「わたしなんかが本を出していいのか?非難されまくったらどうしよう。嫌なこといっぱい言われたらどうしよう……(汗)。」といやにネガティブになってしまって(笑)。その心情を友人に打ち明けたら、「え!そんなこと心配してるの!?YouTubeとかネットで散々顔出ししていろんなことしてるのに!?そんな人が今更何を心配するっての~!え、めっちゃ意外なんだけど!」と笑い飛ばしてくれて(笑)。友人のこの言葉のおかげで、「確かにそうだよな。結局はなるようにしかならないもんな!」と物凄く気が軽くなりました!

 

-それでは、本が出た後、一番嬉しかった事を教えて下さい。

 

岡田早由 : 嬉しかったことは沢山あります!沢山ありすぎて……一番は決められません(笑)!

まず私は小学生くらいからずっと、「いつか自分の本を出してみたい!」と思っていたんです。どんなジャンルの本でも良いから、自分で書いた本を出版したいと思っていて。なので、自分の本が紙媒体になってAmazonなどのネット通販だけでなく、全国の書店やCDショップに並ぶというだけで、信じられないくらい嬉しかったです。まさかのまさか、夢が叶った!と感動でいっぱいでした。

その後、TOKYO FMさんのラジオ番組や、ライブストリーミングチャンネルのDOMMUNEさんに出演させていただいたり、出版記念パーティーにたくさんの方々に来ていただいたりと、本当にありがたく、貴重な体験をさせていただきました。

また、家族がとても喜んでくれたのも嬉しかったです。離れたところに住む母方の祖父母にも献本しに行きましたよ(笑)。インターネットも使ったことがなく、携帯電話も持っていないおじいちゃんおばあちゃんは、わたしの名前が本に印刷されている!と喜んでくれました(笑)。

 

-本の中でこうしておけば良かったなと後悔している事はありますか?

 

岡田早由 : とにかくバンド数が多かったので、すべてのバンドを掲載しきれず、特にデモ作品しか出していないようなバンドは、例外を除いては基本的に載せなかったんですよね。でも、後になってこれは載せとけばよかったなと思うバンドも出てきて、それはちょっと後悔しています。

あと、インタビューの質問がどれも似たり寄ったりになってしまったことも後悔というか、反省しています。インタビューってされる側も難しいものですけど、する側もなかなか難しいんだなと実感しましたね。

 

-『東欧ブラックメタルガイドブック』は日本語で書いてあり、ポーランド人など東欧の人は読めないはずですが、本についてどういうリアクションがありましたか?

 

岡田早由 : 読めないにも関わらず、「欲しい!」「買いたい!」という反響が多くて驚きました。出版後すぐにポーランドに来たのですが、その際に何冊も持ってきたにも関わらず、すべて無くなってしまいました。一番驚いたのは、チェコのSILVA NIGRAというブラックメタルバンドのメンバーが全員購入してくれたことです。「サポートありがとう!とても感謝しているよ」とのことでしたが、「それはこっちのセリフだよ~!」と、物凄く感激しました。

そして、ポーランドのGRAVELANDやハンガリーのTHY CATAFALQUE、SEAR BLISSなどもSNSで本を紹介してくれ、チェコのメタル系ウェブマガジンも本の紹介や私のインタビューを載せてくれました。とにかく「まさか日本人がわざわざ東欧のメタルシーンに関する本を出すなんて!」と意外だったようです。

 

 

-それでは、岡田様の身の回りの音楽シーンの動向を教えて下さい。

 

岡田早由 : ブラックメタルは、まだマイナーなジャンルかもしれませんが、それでも世界中に多くのファンが存在しています。ディストロを始めるようになって気付きましたが、日本にも一定数のファンがいますし、これから少しずつでもどんどん支持層は広がっていくと思います。

私が今いるポーランドでは、ブラックメタルに限らず、メタル音楽自体、結構人気があります。バンド数も多いですし、月に何度もポーランド国内のどこかでライブがあるくらいなんです。バンドにもよりますが、観客もそれなりに集まります。ライブに来る人たちも、もちろん出演バンド目当てで来る人もいれば、よくバンドのことは知らないけどとりあえず来てみた、と気軽にふらっと観に来る人もいたりして、みんな自由に音楽を楽しんでいる感じがしますね。

 

-ちなみに、東欧四カ国のブラックメタルにそれぞれお国柄や違い、特徴はありますか?

 

岡田早由 : ポーランドがこの四カ国の中では圧倒的にバンド数が多いのですが、他の国に比べるとNS系、ペイガン系のバンドが多いです。音楽関係なしに、近年の欧州全体の移民問題などで、これまで以上に愛国心が芽生えてナショナリストが増えている印象を受けます。そのような問題もあってNS系、ペイガン系のバンドはこの国で一定数の支持を得ているように感じます。

チェコは、ROOTやMASTER’S HAMMERという80年代から活動するオカルトな雰囲気の一風変わった大御所メタルバンドがいるのですが、最近のバンドもちょっと変わったバンドが多く見受けられます。たとえば、下水道という存在に憧れ過ぎて、勝手に下水道の中に地底世界があると設定して歌うStíny Plamenůや、インドのカルチャーに影響され、チェコのバンドであるにも関わらず、ヒンドゥー語を使って独特な曲を制作するCULT OF FIREなど、個性的なバンドが存在します。

スロヴァキアは国の人口自体が少ないせいもあってか、バンド数も他の三カ国に比べるとかなり少なく、正直なところ大御所やこれと言って目立ったバンドいません。しかし、数は少ないながらも、デプレッシブ系やペイガン系など、意外と良質な楽曲を制作しているバンドもいますね。

ハンガリーはトロンボーンなどの管楽器をブラックメタルに取り入れたSEAR BLISSや、電子音楽とブラックメタルを融合させたTHY CATAFALUQUEなど、アヴァンギャルドなメジャーバンドがいる一方で、アンダーグラウンドなメタルシーンの繋がりも強いです。ハンガリーにはInner Awakening Circleという地下で活動するブラックメタルバンドが集まったサークルが存在しています。小規模なサークルですが、所属バンドが参加するライブなども定期的に開催しているようです。

 

東欧ではNSBMやネオナチも多いと思うのですが、嫌な目に遭ったり、危険な目に遭ったりした事はないのでしょうか?

 

岡田早由 : これまで、NS系のバンドやレーベルの方に連絡を取ったことがあるのですが、意外と気さくだったり、丁寧だったりする方が多く、そういった方々から差別など嫌な目に遭ったことはありません。案外面倒なのが、この手の音楽のファンなんです。NS思想についてはテーマにしていなくとも愛国心の強めのバンドなら、すべて「ネオナチ」というジャンルに落とし込んで一緒くたにしている人もいます。もちろん全員が全員そういう考えを持っているわけではないんですけどね。しかし、先日ポーランドでペイガン・フォークバンドのライブを観た時も、おそらくその手のファンが「ジークハイル!」と叫んでナチス式敬礼をしていました。

ただ、自分に対して面と向かって差別されたことは一度だけだったと記憶しています。その人も上記のようなあまり何も考えていない類の人間だと思うのですが、「アジア人は軽蔑する」と平気で言ってしまうような人です。

あ!そういえば以前、ポーランドの中堅クラスのバンドの人が、Facebookでわたしのことを「糞黄色人種、調子乗るな」と書いていたことを思い出しました……ちなみに特にNS系のバンドの人ではないので、単純に私のことが目障りなだけかもしれませんけど(笑)。

と、嫌なこともありますが、NSBMファンでもわたしに対しては普通に、むしろ気さくに接してくれる人の方が多いように感じます。そうでなかったら、わたしは今ポーランドにいないでしょうね。

 

-ブラックメタルとは言ってもサブジャンルが多岐に渡ると思います。岡田様が一番好きなスタイルは何ですか?

 

岡田早由 : 色々と好きなサブジャンルはあるものの、特に好きなのはアトモスフェリック・ブラックメタルです。アトモスフェリックというその名の通り、「大気」を感じさせるようなフワフワとした雰囲気をシンセサイザーやキーボードなどで表現していて、歌詞も「自然」や「民話」などといったのどかなものが多いです。世界中に素晴らしいアトモスフェリック・ブラックメタルバンドは存在しますが、わたしはポーランドのWEDRUJACY WIATRをオススメします。ポーランド語で「彷徨う風」という名前の二人組のユニットで、一人はタトラ山脈のふもとの小さな田舎町に、もう一人は湖が多く自然豊かなヴァルミア地方に住んでいて、ポーランドの自然や伝説などについて歌っています。音質をあえてローファイにしていて、温かみを感じさせるブラックメタルを演奏しています。

ただ、他のサブジャンルにもそれぞれ良いバンドはいるので、一番を決めるのはなかなか難しいですね。

 

-ちなみに、岡田様はデスメタルやグラインドコアなどその他のエクストリーム音楽ジャンルは好きなのでしょうか?

 

岡田早由 : あまり詳しくは無いのですが、デスメタルバンドをやっている知人もいるので、時々デスメタルのライブに行くことはあります。ポーランドだと、デスメタルのライブもブラックメタルと客層がかぶっていて、会場で見知った顔をよく見かけるのが面白いですね(笑)!グラインドコアに関してはさらに無知ですが、ポーランドでもグラインドコア系のライブがちょこちょこ開催されているので、機会があったらどんなものなのか体験してみたいです。

 

-今現在、そして今後岡田様と同じくパブリブで『世界過激音楽』を書いていたり、書くこととなる未来の著者さん達への、執筆者としての心得やアドバイスなどお願いします。

 

岡田早由 : 執筆中はスランプに陥ったりすることもあるかと思いますが、あまり根を詰め過ぎずほどほどに息抜きしながら執筆していただけたらと思います。あと、わたし自身文章を書くのは幼い頃から好きだったのですが、執筆しながら「あぁ、わたしって語彙力ないんだなぁ……。」「実は文章書くのはあんまり上手じゃないんだなぁ……。」と、何かと現実に向き合わされて、ちょっとショックだったりもしました(笑)。みなさんも執筆を進めていくうちに何かしらの問題にぶつかるかもしれませんが、自分の好きな分野で文章を書いて、それが書籍として出版されると思うと、きっと頑張れるはずです(笑)。自分の書いたものが形になり、たくさんの人の元に届くというのはなかなか無いチャンスだと思います。どうかこの機会を逃さず、あきらめずに頑張ってくださいね!

 

-そう言えば、岡田様が行われているディストロ「Dekalog11」について教えて下さい。レーベルにはしないのですか?

Dekalog11 : http://dekalog11.com/

 

岡田早由 : Dekalog11について説明しますと、2017年の1月に立ち上げたディストロです。主に東欧を中心としたブラックメタルバンドの音源やマーチを取り扱っています。また、ディストロ活動だけでなく、バンドへのインタビューやライブ撮影などもしており、それもサイトに掲載しています。

ディストロを始めたきっかけをお話しすると、実は2017年の1月に日本の某TV番組に出演したのですが、それを機に色々と考えるようになりまして……番組製作スタッフさんに取材に来ていただいて、様々な質問に答えて行くうちに、改めて自分自身を顧みることになりました。

そこで気付いたのが、「わたし、せっかく良い環境にいるはずなのに、この環境を生かし切れていないな」と。取材に来ていただかなかったら、今でもその事実から目を背けていたかもしれません。そして、ポーランドで自分ができることは何かな?と連日考えて、これならできそうだなと思って始めたのがディストロでした。

ただ、それまで自分で商売をしたことが無かったので、最初はとても不安で仕方なかったです。わたし商才無さそうだしきっとすぐ閉鎖するだろうと(笑)。一番最初に商品を発注した時は、「これ本当に売れるのかな?欲しい人なんているのか?誰も買ってくれなかったらどうしよう、嫌だ~怖いよ~」と、なかなか発注に踏み切れなかったのを覚えています(笑)。

しかし不安とは裏腹に、ディストロサイトをオープンさせた途端に何件もオーダーをいただき、やってみるもんだな~と思いましたね。今はリピーターさんもかなり増えて、皆様のおかげでどうにか1年以上続けられています。

レーベルも考えたことはあったのですが、今はどちらかというとレーベル経営よりもライブやフェスの開催に興味があります。そのうちポーランドで、自分の好きなバンドを集めてライブを開催できたら良いなぁと思い描いています。まだ何も具体的なことは決まっていないんですけどね(笑)。

 

-この度は遠く離れた地からのご回答、ありがとうございました!それでは最後にTOPPA!!読者へのメッセージをどうぞ。

 

岡田早由 :こちらこそ、貴重なインタビューの機会をいただき、ありがとうございました!また、最後まで読んでくださった皆様もありがとうございます。このインタビューで、ブラックメタルや東欧のメタルシーンについて興味を持ってくださった方は、ぜひ『東欧ブラックメタルガイドブック』を手に取っていただきたいです。ブラックメタルマニアはもちろん、初心者にも楽しんでいただけるように、冒頭にブラックメタルのサブジャンルの解説なども載っています。バンドのインタビューやコラムなども載っていて、リアルな東欧のメタルシーンを感じられる一冊になっています。

さらに、わたしの運営しているディストロDekalog11(dekalog11.com)でも、東欧のバンドを中心に色々と取り揃えていますので、ぜひ実際に音源を入手したい方はご利用いただけたら幸いです。

 

Dekalog11 : http://dekalog11.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.