SHIBUYA CYCLONE 店長 & COCOBAT Gt SEIKI インタビュー

SHIBUYA CYCLONE 店長 & COCOBAT Gt SEIKI インタビュー

SEIKI(セイキ)
Twitter : https://twitter.com/seikiriffs
SHIBUYA CYCLONE HP : http://www.cyclone1997.com/home.html
Twitter : https://twitter.com/SHIBUYA_CYCLONE
GARRET udagawa HP :
http://www.cyclone1997.com/garret/garret_home.html
Twitter : https://twitter.com/GARRET_udagawa

日本のエンターテイメントがギッシリ濃縮された街、渋谷。

そんな渋谷のド真ん中にある「東京・渋谷で一番うるさい箱」、それが老舗ライブハウス、SHIBUYA CYCLONEだ。(GARRETはその2号店として2013年秋オープン)

今も昔も、数々の名バンドが生まれた名ライブハウス。そんなライブハウスには名物ブッカーが付き物だ。

そして、今回ご紹介するSEIKI(セイキ)氏もその中の一人だ。

ハードコアバンドCOCOBATのGtという側面も持ち、約15〜16年、このロックの聖地のブッキングを担当している名ブッカーだ。老いも若きも、東京で激しい音楽を演奏するバンドマンならば、彼の名を知らない者はいない。

今回、TOPPA!!編集部は、SEIKI氏に対し、彼の生い立ちや音楽的ルーツ、COCOBATに加入、そしてSHIBUYA CYCLONEに入った経緯など、初の単独インタビューを実施した。

取材・文・編集・写真 / 宮久保 仁貴


 

-SEIKIさんの自己紹介、それこそCOCOBAT加入の経緯、CYCLONEで働き出した経緯、そして現在に到るまでの経歴を教えて下さい。

 

SEIKI : 生まれも育ちも横浜、中学生の時にMETALLICAの「Battery」を聴いてメタルに目覚めました。

ギターを始めたきっかけは、中学生も終わり頃に友達がエレキギター弾いているのを見て、「毎年サッカー部補欠の自分でも弾けるんじゃねぇか?」と思ったのがきっかけ。元々小学校の時にバイオリンもかじっていたので同じ握り物だし、これはわりといけんじゃないかな?と思って。

 

-SEIKIさんが中学・高校生時代に流行していた音楽は何だったのでしょうか?

 

SEIKI : 当時流行っていたのはHi-Standard。

そんな中で高校の時の文化祭でハイスタとTHE WiLDHEARTS、METALLICAのコピーバンドを演奏しました。一番ハイスタが盛り上がって、METALLICAの時は友達がモッシュピットで喧嘩し出して、途中で中断になった(笑)。

 

-(笑)。そこでTHE WiLDHEARTSをチョイスされる所がシブいですね!

 

SEIKI : 当時リアルタイムで彼らは活動していて来日公演は毎回行ってましたね!んで、その度にステージに上がりセキュリティにタックルされてた(笑)。

 

-これまた破天荒なエピソードですね(笑)!

 

SEIKI : 今でも覚えてるけどGinger (Vo)が着ていた服をフロアに投げたのでそれをゲットしてそのまま家まで着て帰ったり、ステージ上がったら名前聞かれてコールしてもらってハイネケンイッキしたり(笑)。好きすぎて左腕にGingerってアルファベットをお香で焼き印いれてましたもん(笑)

そういうこともありつつ、大学に入ってからは音楽サークルのスタジオで毎日朝から8時間ぐらいギターの練習をしてました。

んで、20歳頃にバンドを組んで新宿ANTIKNOCKに毎月出てた感じです。当時は小手、マシリト、NEW BREEDや、現Hone Your SenseのBara(Vo)さんがやっていたJABBERWOCKとかと対バンしてたのだけども、今でも活動している同世代のバンドマンは大分少なくなりましたね。

 

-そこからSEIKIさんはCOCOBATに加入され、SHIBUYA CYCLONEで働かれる事となりますが、こちらの経緯を教えて下さい。

 

SEIKI : 2002~2003年辺りだったかな。当時のCOCOBATのGtが抜けたっていう噂を聞いて、ギター弾きたいと思ったのね。俺のバンドも「あんたと一緒に打ち上げ出たくない」ってメンバーが脱退宣言し出してたし(笑)。

当時は今みたいにネットで検索すればすぐに連絡先が出てくるような時代じゃなかったから、COCOBATが所属していたTOY’S FACTORYに電話してみて「COCOBAT担当の人はいますか?ギター弾きたいんですけど。やりたいです!」って。そこから諸々を経て、2002~2003年からCOCOBATでギター弾いています。

CYCLONEで働く経緯は、当時系列店だったANTIKNOCKのスタッフに「お前働かない?」て言われて「押忍!」って返事したら配属先が「ココで見るLIVEが最高だ」といつも思いながらモッシュしていたCYCLONE。その2週間後ぐらいにCOCOBATに加入したのかな。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.