ときのそら インタビュー

ときのそら インタビュー

ときのそら
SoraCh. ときのそらチャンネルYouTube : https://www.youtube.com/channel/UCp6993wxpyDPHUpavwDFqgg
Twitter : https://twitter.com/tokino_sora

ときのそらは2017年から活動しており、アイドルを目指すバーチャルYouTuber。彼女の動画について語るには、「ホラーゲーム実況」「歌ってみた」「生放送」、この3キーワードが欠かせない。現在、その優しさや親近感から、ファンの”そらとも”を中心に、「ママ」「お姉さん」などと呼ばれることもある彼女。その優しさは活動当初より続けている「生放送」で垣間見る事が出来る。また、「歌ってみた」動画に関しては、VTuberシーン随一の歌唱力を誇り、富士葵やアズマリム等の著名VTuberともコラボを行なっている。

今回、VTuberデビューから1周年を迎えた彼女に対し、YouTuberを始めたきっかけや普段の動画収録で心がけている事、”歌”を中心とした音楽的ルーツや近況を伺うべく、メールインタビューを試みた。

文 / ときのそら 編集 / 宮久保仁貴


 

TOPPA!!初登場とい事で改めてときそら”さん自己紹介をお願い致します

 

ときのそら : TOPPA!!をご覧のみなさん、初めまして!あなたの心の空を晴ればれ元気に!バーチャルYouTuberアイドル、ときのそらです。普段はYouTubeでの動画投稿や生放送を中心に活動しています。

大好きなホラーゲーム実況や歌ってみた動画、アイドルを目指すためにさまざまなチャレンジをする動画を投稿したり、みんなと交流することが好きなので、生放送でコミュニケーションしたり、他のVTuberさんとのコラボを積極的にしています。夢は「横アリでライブをすること」です!

 

何故横浜アリーナなのでしょうか?

 

ときのそら : 小さい頃お母さんと初めて行ったコンサートが、横浜アリーナだったんです。そのときに、お母さんが「いつかここに立って歌っているわたしを最前列で見たい」と言っていたのをずっと覚えていて。その時からわたしの目標は横アリで歌うことになりました!

 

-いつか実現すると良いですね!続いては、ときそらさんがYouTuberとして活動しよと思ったきっかけを教えて下さい

 

ときのそら : 憧れや夢に近づくためです!小さい頃からアイドルが大好きで、キラキラと輝いている姿に憧れていました。歌を歌うのも大好きで、いつか人前で歌いたいと思っていました。

どうすればできるんだろう、と思ったときに「とりあえずたくさんの人に見てもらえるようになることから始めよう!」と思って、ニコニコ生放送にチャンネルを開設して生放送をしました。その後、YouTubeでもチャンネル開設をして、バーチャルYouTuberとして活動するようになりました。

 

なるほど。普段動画収録や雰囲気世界観作りにおいて注力している事を教えて下さい

 

ときのそら : 「ときのそら」の動画やチャンネルに期待されていることを裏切らないように、でもみんなの想像をちょっぴり超えられるようなものを作りたいと思っています。あとは、「癒やされる」「安心する」というコメントが多いので、過激なネタや誰かが不快になるような動画にはならないように気をつけてます。

 

最近はそのお優しい性格から、良い意味で「ママキャラ」や「お姉さんキャラ」として認知されていらっしゃいますよね!動画内容に続く話で、ときそらさんといえば活動初期から生放送に力を入れられていらっしゃいますよねこちら理由をお教え頂けますか

 

ときのそら : 私の動画を見てくれるみんなと近い距離で関わりたいという気持ちが強いからです!たとえば友達や家族のような、親近感が湧く存在でいたいと思っています。わたし自身もみんなと話すのが楽しいので、生放送での交流はずっと続けていきたいです!

 

このフレンドリーな姿勢が現在のときのそらさんの人気を形作っているのかもしれないですね!ちなみに、活動初期より精力的に歌ってみた動画をアップされていらっしゃいますねそんなときそらさん自身音楽的ルーツを教えて下さい

 

 

ときのそら : 今まで聴いてきた音楽としては……小さい頃にピアノや声楽を習っていた影響でクラシック音楽をよく聴いていました。一方で、J-POPやボーカロイド曲も好きなので、1つのジャンルにこだわらず幅広く聴いていたと思います。

そして、今自分が歌う側となって影響を受けていると感じるのはVOCALOIDを使った音楽です。誰でも作詞作曲して歌ってもらえるからこそ、様々なジャンルの音楽に触れることができると思っています。また、それらを歌い手さんが『歌ってみた』動画で表現する文化があることで、1つの曲からいろいろな”自分らしさ”が生まれていくのが好きなんです。「そんな歌い方もあるんだ!」と勉強になっています。

 

そんなときのそらさんのファン皆様名称は何と言でしょ

 

ときのそら : 「そらとも」っていいます。生放送中にみんなで決めた名称です。募っていた名称の中には他にも、「そらフレ」など候補がありましたが、どれも「友達」の意味合いが入ったものが多かったです。

 

直近話をしますと、「RAGEなどのイベントに出演されましたよねれらの手応えは如何でしたか

 

ときのそら : 最近ありがたいことに、いろいろなイベントに呼ばれていて、他のVTuberさんとお話する機会も多くてとてもうれしいです。「RAGE」ではにじさんじの月ノ美兎ちゃんとペアになって戦いました。直前の生放送で、そらともさんと『どうぶつタワーバトル』を練習したんですけど、本番ではその練習の成果が出せて良かったと思っています。全体的に見たらぜんぜん勝てなかったんですけどね……(笑)。ただ、どのイベントでもそらともさん含め見てくれた方々が満足してくれていたみたいなので、良かったかなって思ってます。

 

いえばつい先日デビューから1周年を迎えられましたね活動当初から今まで心境変化はありましたか

 

ときのそら : 始めた頃は本当に手探りで……右も左も分からない状態でした。なので活動当初は不安のほうが大きかったです。また、今ではVTuberと呼ばれるような人も活動当初はほとんどいなかったので、ポツンとひとりぼっちで寂しい思いもありました。でも、生放送を重ねて、試行錯誤して色んなことにチャレンジしていって、少しずつそらともさんやVTuberのお友達も増えて……!まだまだ未熟な部分が多いんですけど、1年前に比べたら不安よりも楽しいっていう気持ちが大きいです。また、今ではわたしに後輩ができたり、VTuberさん全体では5000人以上?になったそうじゃないですか!毎日必ず誰かが生放送配信や動画を投稿したり、Twitterでワイワイしていて、とても賑やかで楽しいです。

 

先日はデビュー1周年様子をニコニコ生放送で放送されていらっしゃいましたね心境そしてファン皆様に感じた事を教えて下さい

 

『ときのそら』デビュー1周年 超おめでとう記念公式生放送 ~えーちゃんもいるしリサイタルもあるよ~ / ニコニコ生放送アーカイブ : http://live.nicovideo.jp/gate/lv314826144

 

ときのそら : 1周年記念の生放送の直前は、「成長したところ・未熟なところ・変わらないところを全部見せよう!これまで応援してくれたすべての人に感謝の気持ちを伝えられるような放送にしよう!」と思っていて。必死でとても緊張してました(汗)。でも放送開始直後に、サプライズで寄せ書きの色紙をもらったとき、驚きと感動で胸がいっぱいになって、緊張がどこかに飛んでいってしまいました(笑)。

1年前の生放送では、流れてくるコメントを全部ゆっくり読むことができて、コメントが流れないときもあるからトークで繋いで……といった感じだったんです。今回の放送では初心を忘れないために「流れてくるコメントを全部読む」という企画をやったんですけど早口で言っても全然追いつけなくて(笑)。1年前との違いを、たくさんのそらともさんに支えられていることを改めて実感しました。

そらともさんはいつも暖かくて、元気をくれて、支えてくれて、本当に感謝しかないです!いつも楽しく生放送や動画投稿できるのは、そらともさんのおかげです。1周年記念の生放送のときだけでなく、いつも「ありがとう」って思っています!

 

お互いに暖かい関係が築けていて何よりですね!それでは、活動当初より尊敬しているYouTuberを教えて下さい

 

ときのそら : ミライアカリちゃんです。わたしがニコニコ生放送で伸び悩んでたときに、ミライアカリちゃんがYouTubeで動画投稿を始めて。どの動画もとても面白くてたくさんの工夫があって、すごく元気をもらいました。わたしも生放送だけじゃなく、そういった動画を投稿したい!YouTubeでも活動したい!と思ったきっかけもミライアカリちゃんです。わたしが、いつか追いつきたい人です。

 

 

一方で、最近注目しているYouTuberはいらっしゃいますか

 

ときのそら : 歌動画を精力的にあげているバーチャルYouTuberさんをよく見ています。それこそ一緒にコラボした富士葵ちゃんやかしこまりちゃんはもちろんですが、ヒメヒナちゃん(HimeHina Channel)やYuNiちゃん、道明寺ここあちゃんの歌動画をよく見ています。注目というより……みんながわたしにとっては先生というか、自分が歌うときの参考にさせてもらっています!

富士葵 インタビュー

 

 

 

 

 

 

最近歌の上手いVTuberさんが増えましたよね!これから切磋琢磨していけると良いですね!さて、ときそらさんが最近聴いたり触れた中で感銘を受けた者または物を教えて下さい

 

ときのそら : 今年の8月31日におこなわれた輝夜月ちゃんのVRライブです。VRで視聴できるチケットが当たったので私も参加したのですが……とにかく凄かったです!今までは「横浜アリーナでライブがしたい」という事が一番の目標だったんですけど、この日をきっかけにこういったVRでのライブにも興味が出てきたんです。「自分でもこんな風に、見てくれる人を熱狂できるライブをやってみたい!」と思うようになりました。

 

 

良い刺激になったんですね!それでは、ときのそらさん個人のお話に戻ります。今後予定を教えて下さい

 

ときのそら : 歌に関する活動だと、これまではカバーソングやそらともさんに提供していただいた曲を歌ってきました。そして、これからは更にボカロPさんやJ-POPの作詞作曲家さんに書き下ろしていただいた曲も歌っていく予定です!今のVTuberシーンでは「歌ってみた」動画が人気ですが、VTuberから音楽を発信する文化があっても良いと思っています。そういった文化をつくる1つの動きになるような活動はしていきたいですね!

そして、目標は沢山あるのですが……やっぱり一番はそらともさんで満員の横浜アリーナで単独ライブをすることです!そのために、歌やダンスの練習はもちろん、そらともさんをたくさん増やしたり、応援してくれるそらともさんが満足してくれるような活動を引き続きしていきたいと思います!

 

それはめちゃくちゃ楽しみですね!今後の活動から目が離せませんね!
今回は諸々ご回答いただき、ありがとうございました!それでは最後にTOPPA!!読者へメッセージをど

 

ときのそら : ここまで読んでいただきありがとうございました! もしわたしのことに興味を持ってくださったら、YouTubeの「Sora ch. ときのそらチャンネル」やわたしのTwitterも見ていただけるとうれしいです。気に入っていただいたら応援よろしくお願いします!

また、この記事をきっかけにVTuberに興味を持った!という方、ぜひ自分の好みのVTuberさんを探してみてください!色んな個性・魅力をもった人がたくさんいるので、あなたにあったVTuberさんがきっと見つかると思います。

活動1周年を迎えたわたしですが、慢心せずにこれからも色んなことにチャレンジして、VTuberの可能性を広げていきたいと思っています。それには、VTuberとはまったく違う文化からの刺激も必要だと思っているので、「VTuberってこんなことできないの?」というのがあれば、ぜひご連絡ください!お待ちしてます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.