TOSHIHIRO EGAWA ( 江川敏弘 ) インタビュー

江川敏弘(読み方 : えがわとしひろ)
HP : http://toshihiroegawa.com/
Twitter : https://twitter.com/Toshihiro_Egawa
Facebook : https://www.facebook.com/toshihiroegawa666

江川敏弘氏は大阪府出身、岐阜県在住の画家、イラストレーター。地球上で数々の残虐な音楽ジャンルはあるが、その中でもエクストリームな『ブルータル・デスメタル』、かつ本場である欧米のアンダーグラウンドシーンにおいて、江川氏は大きな支持を得ている。15年以上に渡りアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界25ヶ国以上のデスメタルバンドからCDカバーアートやTシャツアート、ロゴデザインなどのオファーを受け、数多くのマスターピースを手がけてきた。

海外では、ARCH ENEMY、CRYPTOPSY、KATAKLYSM、HEAVEN SHALL BURN、SUICIDE SILENCE、DYING FETUS、KRISIUN、MASSACRE、DEEDS OF FLESH、ABIGAIL WILLIAMS、DISFIGURING THE GODDESS、DEVOURMENT、VEIL OF MAYA、PROTEST THE HERO、THE FACELESS、WAKING THE CADAVER等、名だたるアーティスト達のデザインを江川氏は担当した。

また、過去日本国内のアーティストに関して言えば、BABYMETAL、SiM、Crossfaith、the GazettE、KEYTALK、FACT、ROTTENGRAFFTY、NAMBA69、HER NAME IN BLOOD、INFERNAL REVULSION、キバオブアキバ、私立恵比寿中学等エクストリームなアーティストからポップなアーティストまで、そしてSUMMER SONIC Osaka、京都大作戦などイベントへのデザイン、脇田涼平(RNR TOURS)氏著作の『ブルータルデスメタルガイドブック』の表紙デザインも江川氏は手がけた。

今回、数々の名アートワークを手がけてきた江川氏に対し、彼がこの仕事を始めたきっかけ、その画風や音楽的ルーツ、近年のアートワークに関する逸話等を聞くべく、メールインタビューを試みた。

文章・写真・イラスト / 江川敏弘 編集 / 宮久保 仁貴


 

-TOPPA!!初登場という事で、改めて江川様の自己紹介をお願い致します。

 

江川敏弘 : 初めまして、画家/イラストレーターをやっております江川敏弘と申します、よろしくお願い致します。まずは、このような機会を下さいましてありがとうございます!

デスメタルからアイドルまで幅広くミュージシャンやアーティストのTシャツアートワークやカバーアート、ロゴデザインをさせて頂いております。また、画家としてファインアートの制作も続けております。

 

-こちらこそ今回ご回答頂きましてありがとうございます!それでは、いつからアートワークのお仕事を始められたのでしょうか?

 

江川敏弘 :この仕事についたきっかけですが、20代後半にデスメタルを専門に扱う国内のディストロの方から「カバーアートをやってみないか」と誘いを受けたんです。私も当時そこの客だったのですが、ウェブサイトに載せていた作品をその方が見てくれていたんです。そうして引き受けた最初のデスメタルのカバーアートが南米コロンビアのブルータルデスメタルバンドINTERNAL SUFFERING の『Unmercyful Extermination』だったのですが、この仕事を皮切りに世界中からオファーを頂くこととなりました。それから2008年ぐらいまで非常に多忙でしたが、少しずつオファーを受ける量を減らしファインアートの時間を増やし始め、現在に至ります。

 

 

-もう10年以上が経ちますね……!数多くのマスターピースを作成されてきた江川様ですが、画風に関するルーツを教えて下さい。

 

江川敏弘 : 最も影響を受けたのは中世の宗教画やギュスターヴ・ドレ、生頼範義氏の作品だと思います。もちろん絵画だけでなくその他多くの映画や漫画、ゲームからの影響を受けましたが、特に作風においては先に述べた作家や作品から刺激を受けました。生頼氏の作品は高校生の時によく模写しました。ドレの作品はメタルのアートワークの古典、聖典のような存在だと思いますが、いまでも参考にすることもあります。宗教画は子供の頃から好きでしたが、デスメタルのアートワークをするようになって観る機会が増えました。

海外のデスメタルはアンチクライシス描写が多いので必然的に基本に触れる必要がありました。キリスト教圏のバンドがほとんどなせいかもしれませんが、当初日本人の私には「そんなに嫌いなのか(笑)」と思うほど、依頼コンセプトや絵のテーマとする歌詞にイエスを徹底的に破壊する描写がありました。しょっちゅうそんな感じでしたので、普通のキリスト教絵画展に行ってはアンチ描写のインスピレーションを得る、みたいなこともしていました。なので作風に結構な影響があったかもしれませんね。

 

-海外と日本との宗教観の違いを感じますね。

 

江川敏弘 : あと子供の頃から、図書館にあるような大きな『昭和の事件史』みたいな写真図鑑(資料?図説?でしょうか)を見るのが好きで、特に第二次大戦や原爆の悲惨で惨たらしい写真を食い入るように見ていました。今ではそういったものはドキュメンタリー映像でいつでも見れるかも知れませんが、当時少年の私には衝撃的で、その時目の当たりにした写真のリアリティが、作風のリアリズムや細かさに影響したとは思います。

 

-ご回答ありがとうございます。それでは、江川様のアートワークは音楽と関連した物が多いですが、今改めて江川様の音楽的ルーツを教えて頂けますでしょうか?

 

江川敏弘 : 20代前半までJPOPのヒットチャートを追っていましたが、PANTERAから始まってSEPULTURA、BRUTAL TRUTHやNASUMでグラインドコア、CARCASSでゴアグラインドにはまり、そこからブルータルデスメタルにはまり出しました。今でもブルータルデスメタルはよく聴きますが、以前より幅広く聴くようになりました。特にダークアンビエントが最近は好きです。

 

-ポップスからデスメタルまで幅が広いですね!江川様の音楽的ルーツもそうですが、近年は国内外メジャー・アンダーグラウンド問わず、幅広いアーティスト等のアートワーク・ロゴやマーチデザイン(Tシャツ)をデザインされていらっしゃいますね。それこそBABYMETALやSiM(DEADPOP FESTiVAL)、ISSUES、the GazettE、ブルータルデスメタルガイドブック、ARCH ENEMY、俺の藤井2016、HER NAME IN BLOOD等々……!直近で参加された諸々についてお聞きできれば、と思います。

 

江川敏弘 : 一つ一つが印象に残る仕事でしたが、特にBABYMETALはちょっとした事件でした。最初にお話を頂いた時は、何かの間違いか送り先を間違えたのだろうと思いました(笑)。当時は今ほど幅広い活動はしておらず、デスメタルアートワークがメインでしたので。

 

 

メールを何度も読み返してみましたがどうやら間違いではないと分かって、「何かが起こるんだろうな……!」と勘が働いたのを憶えています。普通だったら私のような仕事をしている人は作家のイメージに保守的でしょうから断ると思いますし、私も断った方が良いかと思ったんですね、一瞬。ただ、何か流れが変わるんだろうな、と思ったんです。漠然とですが。大きな流れというか、そういうものを感じて。そこに、自分がやってきたことが生きるなら意義があるなと思いました。あと、デスメタルアートワークをストイックにやってきた上で、あえてジャンルの遠いところにデスメタルを届けたい思いがずっとあって、たった一人でもデスメタルに興味を持つ人が増えたらと思い続けていたので、この仕事を引き受けさせて頂きました。同時にこの時期、実はエビ中(私立恵比寿中学)からも依頼があったことが印象深かったですね。ほぼ同時にメールを頂いて驚いていたのを憶えております。いったい何が始まるんだと。

そして、BABYMETALに限らず先に挙げて頂いたSiMやthe GazettE、俺の藤井2016などの仕事も積極的に受けてきました。

 

アートワーク一覧 : http://toshihiroegawa.com/html_j/index.html

 

-江川様がデザインをご担当された影響で、上記のバンドやフェスに辿り着いたファンも多いと思います!私個人もBABYMETALを知ったきっかけは江川様のアートワークがきっかけです!そう言えば、江川様自身がプロデュースされていらっしゃるファッションブランド「Gluttonous Slaughter(グラトナス・スローター)」は今年でスタートしてから6年目を迎えますね!こちらを始められたきっかけを教えて下さい。

 

江川敏弘 : 当初はRuthless MassacreとGluttonous Slaughterの二枚看板で始めたのですが、いまでは代表名がBrutal Death Clothingで取り扱いブランドとしてGluttonous Slaghterとしています。

最初のきっかけは、完全に自分の思うイメージで描いたアートワークのシャツが欲しいと思ったのがきっかけだったと思います。バンドTシャツだと自分の意見やコンセプトが発端ではなくて、やはりバンドの発案が最初にあって、それは言ってしまえば自分ではない他者のアイデアや考え、思いからできたものなんですよね。それに、当時バンドTみたいないかつい絵柄のTシャツってそうなくて、あったとしてもロックやハードコア寄りの絵柄だったり、バイカー向けだったり、メタル、それもデスメタルテーマは見かけなかったんですよね。そういう体験もあって、自分発信で作りたいという思いが年々強くなってきて、ブランド立ち上げに至りました。

また、ブルータルデスメタルの仕事をここまでやってきた自分こそ、こういったデスメタルをテーマとしたブランドを、しかも日本発信で、やらなくてはいけないんじゃないかと思ったのもあります。誰かがやってくれないかとか、自分じゃなくてもって少しはあったのですが、もし誰かに先にやられたら悔しいじゃないですか(笑)、なら自分がやろうと。

 

-今後も更なる新作リリースを期待しております!それでは、昨今は非常にお忙しい1日を過ごされていらっしゃるかと思いますが、昨年1年を振り返ると、どんな年でしたか?そして、今年はどんな年にされたいですか?

江川敏弘 : 昨年はファインアートの制作、試行錯誤の日々でした。特に鉛筆画に力を入れているのですが、今年、それが活きてくると期待しています。展示もしたいですね、個展を目標に制作しています。

 

-江川様の個展……是非拝見したいです!話は変わりますが、最近聴いた中で感銘を受けたアーティストを教えて下さい。

 

江川敏弘 : 日本のブルータルデスメタルWORLD END MANですね。破壊力があって好きです。貪欲にライブもこなされて、今後の活動に目が離せない存在ですね。

 

 

-Kiyo(WORLD END MAN / Vo)さんはGluttonous Slaughterのモデルもやられていらっしゃいましたよね。それでは、近年の音楽シーンについて思う所を語って下さい。

 

江川敏弘 : ミュージシャンとアーティストが互いにリスペクトされ同等に扱われるシーンや現場であって欲しいです。また、そうあるように成長しなくてはならないと思います。

 

-ありがとうございます。さらに踏み込みまして、近年のアーティスト関連のデザインシーンについて思う所を語って下さい。

 

江川敏弘 : どこの業界でも言えると思いますが、若い方がどんどん出てきて新しいもので魅せてくれるので、それがとても楽しみですし刺激になっています。デスメタルアートでも表現方法が増え、非常に上手い人が多くなったと感じています。

 

-音楽的にも、アート的にも今後楽しみなシーンですよね!それでは、今後の予定をお教え下さい。

 

江川敏弘 : 2018年12/1~12/16の期間に大阪なんばのexcubeギャラリーでゴアデッキ展 2018 in OSAKAを開催予定です。約60名のアーティストがゴア(流血、残虐)をテーマにスケートボードデッキに描かれた作品を展示します。毎回、圧巻の展示に大変好評を頂いております。是非お立ち寄りください!

About ゴアデッキ展 2018 in OSAKA : https://www.goredeck.net/

 

-この度は制作期間でお忙しい中、ご回答頂きまして誠にありがとうございました!それでは最後に、これから画家/イラストレーターとして活動を始めようと考えている方へのメッセージをどうぞ。

 

江川敏弘 : プロとアマの差が感じられなくなった、という言葉を目にする事があります。ですが、違いがあるからこそプロとアマだと思います。その違いに気付く、もしくはそこに至るきっかけやチャンスはいくつもあって、プロとして身を立てるかどうかは、ほんの少しの勇気の差だと思います。漠然としていますが、自分自身の描き方や絵柄に自信を持つのも含め、勇気が必要です。あとは情熱と理想が鍵になると思います。お互い頑張りましょう!