YUZUKINGDOM インタビュー

YUZUKINGDOM インタビュー

YUZUKINGDOM (読み方 : ユズキングダム)
HP : http://www.yuzukingdom.com/
YUZUKI(≒ゆずき) Twitter : https://twitter.com/yuzukingdam
Facebook : https://www.facebook.com/YUZUKINGDOM/
YouTube : https://www.youtube.com/yuzukingdom

2018年2月8日、日本建国記念日でもあるこの日、YUZUKINGDOMが始動した。ダンス・ロックグループ「Q’ulle」のゆずき(Vo/Scream)とトランス・メタル「BLOOD STAIN CHILD」が邂逅し、スタートした本プロジェクト。同日YouTube上にて初のMV「Eyes Shut Tightly」を公開するやいなや、そのエクストリーム xテクニカル x キュートなサウンドから国内外問わず大きく話題を呼んでおり、2018年5月現在YouTube上での本MVの再生回数は10万回を突破している。

そんな中、YUZUKINGDOMは記念すべき1stフルアルバム『GENESIS』を6月13日にリリースする。メロディックデスメタルやラウドロック、パワーメタルやエクストリームメタル等……様々な表情を見せる本作に関して、今回TOPPA!!編集部は、改めてユニット始動のきっかけから『GENESIS』の聴きどころ、今後の活動等について、YUZUKI(Vo)とコンポーザーのRYU(Gt)に話を聞いた。

取材・文 / 宮久保 仁貴 編集 / 松江 佑太郎 写真 / Eizaburo Sogo


 

-TOPPA!!初登場ということで、皆様の自己紹介、及びYUZUKINGDOM始動のきっかけを教えて下さい。

 

YUZUKI : YUZUKINGDOMのYUZUKI(Vo)です!

 

RYU : 作曲担当のRYU(Gt)です。

 

YUZUKI : 始動のきっかけを話すと、私は今Q’ulleというロックダンスユニットで活動をしているんですけど、そこで楽曲中にシャウトを入れたりだとかグロウルを入れたりしていまして、それをもっと広げていきたいねという話をしていて、このプロジェクトに繋がりました。

こういうことをやりたいなと思い始めたのは、Q’ulleの曲でそういうパートを任されることが増えてきた時ですかね。最初はQ’ulleにシャウトするパートは無かったんですよ。結構勝手にやり始めちゃったら、それが案外型にはまりまして。じゃあそれを楽曲に取り入れようっていうことになりました。

 

 

-お2人が出会ったきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

 

RYU : ここに関しては、レーベルのFABTONE繋がりでYUZUKIの事を教えてもらったんですよ。シャウト出来る子がいて、バンドをやりたがっっているという話を聞いたのが初めでしたね。

 

YUZUKI : 実は、「Eyes Shut Tightly」のMV撮影が初対面だったんです。その時まではずっとリモートで連絡を取り合ってまして……!

 

RYU : あの撮影は大阪やったね。

 

YUZUKI : そうそう!BLOOD STAIN CHILDメンバーが東京は遠いので、私が大阪に行って、大阪で撮って、初めましてって感じだったよね。

 

RYU : あの時のぎこちない感じは……(笑)。

 

YUZUKI : あんまり目を合わせられない感じだったよね……(笑)。今ではそんな事はないんですが(笑)。

 

-お2人がその時初対面だとは知りませんでした……!

 

YUZUKI : でも息は合ってたよね。やっぱりハートは通ってました(笑)。

 

RYU : 国王(キング)が上げてくれる歌詞が本当に素敵なんですよ。

 

YUZUKI : (笑)。ただ、ここに関してはやっぱりRYUが書く曲が良かったから、私もするする書けたんですよね。私自身はQ’ulleでも作詞とかしたことが無かったんですが、「今回書いてみなよ!」ってプロデューサーさんに言われて書いたんです。でも本当に自由に、「「こういうテーマで。」とかはなく、曲を感じたまま自由に書いてよ!」って感じで書かせてもらいました。すごく書きやすく、サラーっと。やっぱり曲のおかげです(笑)。

 

RYU : 素敵な歌詞がね、出来上がってきてそれがミックスされて、曲も良くなったと(笑)。YUZUKIの歌詞っていうのは、もちろんカワイイ部分もあるんですけど、アンダーグラウンドというか……ダークネスホラーというか、そういう部分も持ち味としてあって、僕の中では原宿とアンダーグラウンドが混ざったようなイメージがあります(笑)。

 

YUZUKI : カワイイだけとかはあんまり好きじゃないし、私自身、Q’ulleで活動している時も「激しさのギャップが好き!」って言われることが多いんですよ。だからやっぱり歌詞の中にもそういうカワイイとは反対的な要素とかも入れたいなっていうのと、私自身の世界観を表現したい為に、曲の歌詞も気持ち悪く終わりたいんですよ(笑)!何て言ったら良いかな……毛虫……かな?

 

RYU : 毛虫ね(笑)。

 

YUZUKI : そう、毛虫(笑)。「どういう意味なんだろう?」って思われたいんです。聴き手の解釈方法を私も聞きたいというか。それでまた、いろいろ痕跡を……ね!

 

RYU : 普通に、「頭の中に毛虫が湧いている〜」とか考えてきますからね!色んな意味で脱帽しっぱなしです(笑)。

 

-往年のスラッシュメタルやデスメタルの歌詞を彷彿とさせますね……!それでは、グループ名の由来を教えて下さい。

 

YUZUKI : 私自身、キングっていうあだ名がついてたんですよ。「YUZUKIならKING、YUZUKINGっしょ!」といった感じでして。それで、Twitterのアカウントを作る時に、「yuzukingdam」っていうアカウントにしたんですよ。その当時は別に王国とか関係なく、ただ語呂が良いからっていうことでつけたんですが……あとで気がついたら、kingdomを~damにしてたんですね(笑)。

 

RYU : それはあれですよ、国王の英語力不足ですよ(笑)。

 

YUZUKI : そう(笑)。無さ過ぎた故のそれだったんですよ(笑)。まあそれで変えることも出来ず(笑)。グループ名はそこからきた感じですね!

 

-それでは、YUZUKINGDOMというグループを一言で表すと、どのようなグループだと思いますか?

 

RYU : YUZUKIの王国……!

 

YUZUKI : 訳してるだけじゃん(笑)。まだ始まったばっかりなので、これからどうなっていくんだろうっていうところではあるので……。 Q’ulleでの活動はバンドと正反対のダンス活動なので、その要素も取り入れつつ、メタルなどのバンドサウンドと異色のものが組み合わった結果、ハイブリッド的なグループである事は自負しています!

 

-そんなお2人が今までに聴いてきた音楽と、ステージに立つ上で影響を受けた音楽を教えて下さい。

 

YUZUKI : 私は結構激しい曲とかが好きなんですけど、そのきっかけが小学校高学年に姉の影響で聴いたDIR EN GREYやL’Arc~en~Cielの暗い歌詞の曲、それこそ「花葬」とかを聴き、「こういう世界もあるんだな……!」と知り、いろいろ聴き始めたんですよね。ハードロックとかも聴きますし、メタル系も聴くし。その後、中学生の頃はバンドものを主に聴いて育ち、高校生の時はアニソンとか、ボカロ、ニコニコ系を聴いてたこともあるんですけど、やっぱりロック系の曲が根底的に好きですね!

 

RYU : 僕の音楽的ルーツは最初は小室哲哉さんですね。すごく影響を受けていて、TK WORKSって言われるところを一通り通って。その他にもJ-POPを幅広く聴いてました。バンドになるとLUNA SEA、X JAPANとかをコピーするところから始まって、ギタリスト的な影響で言うと、最初はLUNA SEAのSUGIZO(Gt)さんであったり、X JAPANのHIDE(Gt)さんであったりっていうところから始まりましたね。徐々にそこから洋楽の方にシフトしていって、どんどんスーパーギタリスト系と言いますか、RACER Xだったり、HELLOWEENだったり、あとはCHILDREN OF BODOMだったり……、その他映画のサントラだったり、もちろんアニソンだったり、ジャズもいろいろ聴くようになって、経験を積んだと。

ステージに立つ上で影響を受けたのはHIDEさんですかね。あの華のある感じが忘れられないです……!X JAPANってYOSHIKI(Dr)さんがリーダーではありますけど、HIDEさんが上手にいる存在感っていうのは、YOSHIKIさんを食う勢いがあったと思うんですよ。最初に、この人こそが花形のギタリストだ!ということで影響は受けましたね。

 

-お二人のそんな音楽性が根底にあるYUZUKINGDOMですが、改めまして、この度は6月13日に1stアルバム『GENESIS』リリースおめでとうございます!お2人の視点での本作の聴きどころや裏話を教えて下さい。

 


【リリース情報】

【タイトル名】
『GENESIS』

【発売日】
2018/6/13

【価格】
2,300円(※税抜)

【収録曲】
1.Gate of the Kingdom
2.Trauma
3.Eyes Shut Tightly
4.National Anthem
5.Bleeding
6.Roskill Lavender
7.Plastic Smile
8.Wide Eyed Dreamer
9.Empty Hours
10.Evil Game
11.We All Fight to Live


 

YUZUKI : 何からいく?

 

RYU : トラウマでトラウマに……(笑)。

 

YUZUKI : トラウマでトラウマになったね(笑)。「Trauma」っていう曲があるんですけど、すごく早口でグロウルでバババッと畳み掛けるんですけど、それが納得いかなさすぎて何度も録り直したぐらい難しくて……!この曲は苦労しましたね。

 

-「Trauma」はエクストリームで慟哭のメロデスラッシュチューンですよね!良い意味でバンドサウンドにYUZUKIさんのグロウルとクリーンパートをが混じり合っていると感じました。

 

RYU : そういう意味で、Q’ulleのファンにも受け入れられる要素もありつつ、かといってメタラーの方にも受け入れられる要素はあると思うんですよ。食わず嫌いするんじゃなくて、本当にいろんな人に聴いてもらえたら、その音楽が分かってもらえるのでは……と思います!

 

-「Trauma」のようなエクストリームに振り切った曲もそうですし、「National Anthem」のようなパワーメタルや、テクニカルなフレーズが満載の「Eyes Shut Tightly」など、楽曲の幅が広いアルバムだと感じました。

 

YUZUKI : Q’ulleファンの方にも、このアルバムを聴いてくれる方がいるんじゃないかなって思うんですよ。やっぱりQ’ulleのファンの方にとって、まだまだメタル要素は近寄りがたいところはあると思う反面、そういう人にも、「メタルもいろんな種類があるんだな……!」ってこの一枚で知ってもらえれば何よりだなと思います。そして、メタルファンの人にも「お遊びなんでしょ?」「よそ者でしょ?」みたいなことを思われちゃうのはちょっと納得いかないなっていう思いがあって、それを先行MVとして公開した「Eyes Shut Tightly」の歌詞に込めています!「見ろ、私たちを!」ってね!

 

-「Eyes Shut Tightly」は始動と同時にMVを公開されましたよね。現在YouTube上での再生回数が10万回を突破し(※2018年5月現在)、コメント欄も国内外からの反響が凄いですね!こちらの収録時の裏話等お聞きできれば、と思います。

 

 

YUZUKI : 肉体労働だったよね(笑)。

 

RYU : そうだね、そこが一番辛かったね……。面白辛かった(笑)。建物の4階で撮影したんですけど、皆で機材を階段で運搬作業して……(笑)。

 

YUZUKI : 地獄だったよね……(笑)。

 

RYU : でも撮影はサクッと終わってね。

 

YUZUKI : すごいサクッといきましたね、あれは(笑)。そんな甲斐もあってか、各方面ですごく評判が良くて、嬉しいですね!

 

-話は変わりますが、お二人が最近聴いた中でカッコいいと感じたアーティストを教えて下さい。

 

RYU : 僕は、アメリカの映画劇伴作家の巨匠のHans Zimmerですね。

 

YUZUKI : 最近ゴシックメタルバンドのPARADISE LOSTをよく聴いてます。私すごく古いものを取り入れたがるっていうか、映画とかもそうなんですけど、最近のとかあんまり好きじゃないんですよね。そういう芸術作品っていうんですか、昔のものから掘り下げたくなっちゃう(笑)。曲的には「Rotting Misery」がすごい好みでめっちゃ聴いてます。

 

-旋律が美しい音楽を聴かれていらっしゃるんですね……ありがとうございます!ところで、お二人的に今後のガールズグループやバンドシーンの動向はどうなると思いますか?

 

YUZUKI : 変な言い方かもしれないですけど、「ただかわいい子が歌ってるのが良い!」みたいな所から、今って本当に音楽性が重視されてきていると思うんですよ。見た目とか歌とかよりも、トータルとしての音楽性とか世界観の完成度がすごく評価されているので、ほんとに変わってきたなって思います。

 

-最近は逆に正統派の方が珍しいですね。

 

YUZUKI : 珍しいですね。かわいい曲でかわいい子たちが歌って踊っても、正直そんなに伸びないっていうか、ファンがつかないのかな、と思います。

 

RYU : 新鮮さが無くなってきてるのかも。

 

-最近はバンドマンが楽曲提供やバックバンドをすることが増えてきていますね。

 

YUZUKI : 本当にそう思います。ライブに関して言うと、最近はバックバンドつけてるグループって珍しくないですね。むしろ大事な節目ではよく見られるというか。

 

RYU : バンドシーンの動向について触れると、若年化が進むんじゃないかな?と思うんですよ。
昔だったら教則ビデオがあったと思うんですけど、今はYouTubeなどのSNS上にそういう事をやってる人たちがいっぱいいるじゃないですか。だから、これから楽器に触れるキッズは小さい時から、そういうテクニックとかの部分に触れられる時間とか機会がすごく多いんじゃないかな、と。そして、実際にやり始める時期っていうのも、楽器とか歌にしても、すごく若い時期からやり始めると思うんですよ。それによって、15や16歳くらいですごく演奏が上手くて、例えば女の子達だけのテクニカルなグループが出てきてたりとかするんじゃないかなって思いますね。

 

-それでは、YUZUKINGDOMの活動の話に戻しまして、今年の建国記念日に始動されてから、既にかなりの反響を得ていらっしゃいますね。今後もこのプロジェクトの活動は広がっていくと思うのですが、今年の抱負を教えて下さい。

 

YUZUKI : 広がっていくというか……広げたいというか!確実に1stが出たからといって、絶対に2ndが出るわけではないと私は思うので、やっぱり1つ1つの活動を大事にしたいですね……!先日のライヴをやってみて、そこから見えてくるものもありましたし。良い反響を得られた反面、それをちゃんと冷静に分析できないとなっていうのもあるし。方向性というか、まずはYUZUKINGDOMの活動をガッチリ固めるところかな。ドンドン詰めていきたいです。曲に関しても、「ここでこういうのやりたいよね!」みたいなやりとりも今後もっと出来ると思うので、地を固めていきたいですね!

 

-それでは、ライブの話に触れますと、先日開催された「Q’ulle Battle of the Bands Tour 2018「SURVIVAL」」の4月21日公演ではYUZUKINGDOMとしてライヴを行われましたね。実質初ライヴとなった訳ですが、お二人の、そしてオーディエンスの感触は如何でしたか?

 

 

RYU : そこにYUZUKINGDOMのメンバーがいるわけですから(笑)。

 

YUZUKI : 揃っちゃってますからねえ。

 

 

RYU : 素晴らしかった(笑)。
やはりみなさん期待されてた感がありましたね。もうすごい盛り上がりでした。
待ってました!って感じで、7月のツアーがとても楽しみです!
国民は増える一方ですぞ、王!

 

 

YUZUKI : 素晴らしい一体感(笑)。初回であんなに湧くとは思わなかった。こんな感じでいいですか(笑)?

 

-これからもライヴをやられる予定はございますか?

 

YUZUKI : 実は7月に東名阪でリリースツアー兼対バンツアー「ODD PARADE」を開催します!同時期にベストアルバム『THE LEGEND』をリリースするBLOOD STAIN CHILDと東名阪、そしてこの他にもゲストが……楽しみにしてて下さい!

 


【YUZUKINGDOM 1st full album『GENESIS』release tour -ODD PARADE-】

■出演:
YUZUKINGDOM / BLOOD STAIN CHILD / RagDöllz(※7月15日公演のみ) / BRATS(※7月16/22日公演のみ)

■日時&場所
【7月15日(日)大阪/北堀江 club vijon】
OPEN 18:00 / START 18:30

【7月16日(月)名古屋/新栄 RAD】
OPEN 18:00 / START 18:30

【7月22日(日)東京/SHIBUYA CYCLONE】
OPEN 17:00 / START 17:30

■チケット情報
前売り ¥3,500 / 当日券¥4,500 (D代別)
各プレイガイドにて一般初発売中 : http://www.cnplayguide.com/evt/evtlst.aspx?kcd=85419


 

RYU : そこに重ねると、僕はBLOOD STAIN CHILDというバンドをやっているんですけど(笑)。「GENESIS」と同じく、6月13日に新録・新アレンジのベストアルバムが発売になりますので、「YUZUKINGDOMのアルバムカッコいいな、なんか気になるな。」と思ってくれた皆様、是非チェックの方よろしくお願い致します(笑)。

 

YUZUKI : その感じだと、Q’ulleが今、対バンツアー「Battle of the Bands Tour 2018「SURVIVAL」」を回っていまして、そのファイナルに是非、来て頂きたいなぁと!対バン相手が、Another Story、Brand New Vibe、バンドじゃないもん!、Q’ulleっていう4組で。赤坂BLITZで6月8日金曜日なんですけど、私の歌を聴いてちょっとでも興味を持っていただけたら、足を運んでいただけたらいいなと思います……宣伝になっちゃった(笑)。

 

RYU : 話を戻すと、7月からの3本のツアーを成功させて、YUZUKINGDOM国民を増やして、その後はワンマンという感じですかね……?

 

YUZUKI : 行きたいですねえ。ワンマンするには曲だよね。

 

RYU : そうでした(笑)。

 

YUZUKI : 曲がまだまだワンマンライヴをするには足らないので、どんどん作っていきたいですね。

 

-今リリースのインタビューをしていますけど、もしかしたら年内にもう1枚ぐらい……?

 

RYU : 発表がある……かもしれない(笑)。

 

YUZUKI : したいね(笑)。しましょうしましょう!ちょっとプレッシャーですね(笑)。

 

RYU : 今回僕、SE含めて11曲作ったんですけど、トータルで1ヶ月半ぐらいで書けたんで、曲作るのは早い……はずです!

 

YUZUKI : 建国記念日には何か、毎年やりたいですね。来年の建国記念日にはリリースワンマンライヴやってもいいんじゃないですか……ね(笑)?

 

-これからの期待がますます高まりますね!それでは最後に、TOPPA!!読者へのメッセージをどうぞ。

 

RYU : もう是非ね、「また女性Voの何かが出てきたな。」と思わずに……まあ思ってもいい、思ってもいいんですけど……。

 

YUZUKI : そこで止まらないで欲しいです!

 

RYU : まずは聴いてほしい、聴け!って感じです(笑)。聴けば分かる!偉そうなこと言ってますけど、でもこれが本心(笑)。

 

YUZUKI : そして……王国民になって欲しいですね!
MVも今のところ3本上がる予定なので。「Eyes Shut Tightly」からさらにパワーアップしてるので、トントントンと聴いてもらって、アルバムに行き着いて……。

 

RYU : アルバムを聴いて、「次こういう曲がきたのか!次はこんな曲なのか!?」と衝撃を受けて欲しいです(笑)。

 

YUZUKI : うん、色がたくさんあるので、楽しめるんではないかなと!どんどん王国民に、トントントンと行けると思うので。まずは「Eyes Shut Tightly」聴けと(笑)。目を開いてほしいんです。

 

RYU : キングがおっしゃっています(笑)。

 


【YUZUKINGDOM サイン入りチェキ プレゼントキャンペーン】

[応募要項]

2018年6月1日(金)21:00〜2018年6月8日(金) 23:59までの間に、
下記(1)-(2)の項目を行って頂いた方の中から、
抽選で1名様にYUZUKINGDOM YUZUKI(Vo)&RYU(Gt) サイン入りチェキをプレゼント致します。

(1)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIA上の該当Tweetをお持ちのTwitterアカウントにてRT
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA/status/1002520134471200770
(2)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIAをお持ちのTwitterアカウントにてフォロー
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA

※当選後、ご指定頂いた住所への送付が可能な方のみご応募ください。
個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※同一人物による複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

[当選者発表]

当選者発表は2018年6月14日(木)20:00を予定しております。
当選者をTOPPA!! Twitterアカウントにて発表後、 同アカウントから当選者様のTwitter宛に、プレゼント発送の詳細をDMにてお送り致します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.