THE SIXTH LIE “LIVE SINGularity ver.1.0” 2018.2.3@SHIBUYA REX ライブレポート

取材・文・編集 / 宮久保仁貴


2018年2月3日、エレクトロ・ロックバンド、THE SIXTH LIEがワンマン公演「THE SIXTH LIE “LIVE SINGularity ver.1.0”」をSHIBUYA REXにて行った。本公演の直前に、彼らはタイで開催されたJAPAN EXPO THAILAND 2018に出演しており、このワンマン公演は海外から帰国後の凱旋ライブとなった。開場時間中、ステージのスクリーンには注意事項の映像が流れると共に、宇宙的な美しい映像が流れていた。スクリーンに映し出された一言、「それでは、良い旅を!」。彼らなりの遊び心に、何だか心をくすぐられた。

会場が暗転し、近未来的なSEが流れると共に、Ray(Dr)、Reiji(Gt)、そしてArata(Vo)がステージに登場!海外での大舞台を経た彼らの表情は自信に満ち溢れていた。そしてライブは今回の公演タイトルにもなっている「SINGurality」からスタート!照明のビームが会場を照らし、メンバーの背後のスクリーンには美しい夜景の映像が映し出された。極上のダンス・ロックナンバーと絡み合い、最高の一夜が幕を開けた。

 

バンドは続けて、「Never Hurry Me」「Go On」をプレイ!完成されたステージ運び、EDMやR&Bをも取り入れたサウンドに、新世代のロックバンド登場を予感させた。そして、Arataの強い眼差しとスウィートな歌声はオーディエンスの心を鷲掴みにするかのようだ。

 

MCでは「新体制となった僕らの初ワンマン、お越し頂きありがとうございます!」とArataがオーディエンスに感謝の気持ちを述べたと共に、2018年3月に発売予定の『SINGularity』から「When You Forget」を演奏した。Reijiの心洗われるようなギターのトーンに思わず心奪われる!「A Planet In Your Eyes」のカラッとした明るくポジティブなサウンドで、バンドは大きくオーディエンスの琴線を揺さぶって言った。

 

そして、彼らが次にプレイしたのは、LINKIN PARKの「Heavy」のCover。本家のサウンドを正当に踏襲しつつ、彼らなりのアレンジとして壮大な同期サウンドなどを加え、自らのテイストを表現している。こんな魅せ方もあったのかと驚かされるばかりだ。イントロのスクラッチが特徴的な「Get Higher」では疾走感溢れるサビに合わせて、Arataが感情を爆発させるかのようなキレッキレのシャウトを披露した。Arataがオーディエンスにマイクを向けると、会場全体がシンガロング!どんどんSHIBUYA REXがTHE SIXTH LIE色に染まっていく。

MCでは、先日のJAPAN EXPO THAILAND 2018での様子を3人が語った。そして、「日本と海外と線引きをせずに、ボーダレスで活動していきたいと思っています。というのも、違う土地でライブする事でインプット出来た事が多くて、日本に帰ってきた時、皆さんにライブで届けられたらなと思います!」とArataが今後のバンドの抱負を述べ、「One More Spark」「Come Back To My Dreams」を披露した。彼らの所信表明を音で表したような、どこまでも真っ直ぐで純粋な気持ちがオーディエンスを包み込む。「Next Trier」のメンバー3人の歌のハーモニーに、ここ数年でのバンドの成長を感じた。

 

ダイナミックなタム回しから「Next Trier」がスタート!「Fight,fight!」とバンドが力強くコーラスすると共に、オーディエンスも大合唱で彼らを迎える。何倍も……何倍も大きく!成長した彼らの姿が其処にはあった。「目の前の壁を越えて……更なる高みへ!」とArataが言い放ち、続けて「The Walls」「Another Dimension」をバンドはプレイした。攻めたセットリストにオーディエンスの熱気もどんどんヒートアップしていく。

ライブも後半戦に差し掛かる中、MC ではArataが昨年のHiroto(Ba)の脱退について語った。「ファンの皆さんは見放さないでくれるか、不安な気持ちで一杯でした。でも、活動を続けていくにつれて、本当にこの3人でしっかり皆さんの目の前に音楽を届けたい想いが高まりました。これからも俺たち3人、THE SIXTH LIEをどうぞよろしくお願いします!」と、彼は今後のバンドの決意を赤裸々に語った。バンドは続いてはBRING ME THE HORIZONの「Oh No」のCover、「Hologram」を演奏。エモーショナルなバラードナンバーを披露し、彼らなりの優しい世界が会場を包み込んだ。

 

そして、バンドは本編ラストに「Endless Night」を持ってきた。「今日貴方達一人一人に出会えた事に感謝を込めて……!」Arataの感謝の言葉に、会場は大きく揺れた。オーディエンスは勿論、メンバー3人も良い笑顔をしている。終始、ハッピーな雰囲気に包まれたまま、バンドは本編の幕を閉じた。

 

そして、オーディエンスの割れんばかりの声に応え、バンドは再びステージに登場!アンコール1曲目は、彼らの活動初期からの名曲「In This Mirror」を演奏した。活動を重ねる中でリアレンジを重ねたのだろうか、同期サウンドが更に練り込まれると共に、間の取り方が更に洗練されている。続いてバンドは「Fall in the Sky」をプレイ!Reijiが初めて作詞担当した本曲との事。爽快であると共に、どこか哀愁が漂い、「これぞエモだ!」と言うべき名曲が披露された。

アンコール最後の曲として、THE SIXTH LIEが選んだ曲は「Wake Up Your Fire」。「最後にこの曲持ってきた理由わかりますよね?!デッカいジャンプ見せてくれ!」とArataの煽りと共に、オーディエンスも大きくバウンスし、SHIBUYA REXは大きく揺れた。本曲でも「In This Mirror」と同じく、Reijiのギターソロの高速シュレッドやRayの小物が光るドラミングなど、細やかなリアレンジにバンドの成長を見た。興奮冷めやらぬ中、バンドは今年初のワンマン公演の幕を閉じた。

 

なお、この日バンドからの告知があった通り、3月7日(水)発売予定の「SINGularity」の先行試聴がバンドHPのDISCOGRAPHYページにて既にスタート(URL : https://thesixthlie.jp/musics/5475 )、そして来たる6月24日(日)、SHIBUYA REXにて再び彼らのワンマンライブが開催される事を発表した。こちらの情報はTHE SIXTH LIEオフィシャルサイトにて随時更新される為、是非チェックしてみよう。

THE SIXTH LIE HP : https://thesixthlie.jp/

-Set List-

1.SINGularity (ENGLISH EDITION)

2.Never Hurry Me

3.Go on

4.When You Forget

5.A Planet In Your Eyes

6.Heavy (※LINKIN PARK cover)

7.Get Higher

8.One More spark

9.Come Back to My Dreams

10.Next Trier

11.The Walls

12.Another Dimension

13.Oh No (※BRING ME THE HORIZON cover)

14.Hologram

15.Endless Night

 

EN1.In This Mirror

EN2.Fall in the Sky

EN3.Wake Up Your Fire