相対性理論が新曲「NEO-FUTURE」を配信リリース&レッドブル主催の都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」とのコラボ企画で、渋谷駅地下にやくしまるえつこによる巨大なインスタレーション公開!

相対性理論が新曲「NEO-FUTURE」を配信リリース&レッドブル主催の都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」とのコラボ企画で、渋谷駅地下にやくしまるえつこによる巨大なインスタレーション公開!

相対性理論が新曲『NEO-FUTURE』を配信リリースした。

本楽曲は前作『天声ジングル』のリリースから約2年半振りに発表された新作音源であり、本日より各配信サイトにてダウンロード及びサブスクリプションん配信がスタートしている。また、本作のアートワークはやくしまるえつこ(Vo)自身がディレクション、ドローイングを担当。

また、これと同時に渋谷駅田園都市線付近通路の壁面「渋谷道玄坂ハッピーボード」にて、この相対性理論の新曲『NEO-FUTURE』のジャケットアートワークを用いた巨大 グラフィック
インスタレーションが登場した。これは、やくしまるえつこと相対性理論も参加するレッドブル主催の都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」とのコラボ企画によるもの。この巨大グラフィックの中心の少女のドローイングからは、「NEO-FUTURE」が流れる仕様が施されている。

なお、やくしまるえつこと相対性理論が参加する10月9日(火)「わたしは人類」インスタレーション+特別集会「国立科学博物館の相対性理論」は前売完売のため、当日券販売は無し。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.