ジンカワグチ(へきトラハウス/カワグチジン)presents「ここまで来たか、トランジスタ」LIVE 2018 / 2018.9.20@ 豊洲PIT イベントレポート

ジンカワグチ(へきトラハウス/カワグチジン)presents「ここまで来たか、トランジスタ」LIVE 2018 / 2018.9.20@ 豊洲PIT イベントレポート

取材・文・編集 / 宮久保仁貴  写真 / 沼田 学

 

2018年9月20日、国内トップクラスの人気を誇るYouTuberグループ”へきトラハウス”の”ジンカワグチ(≒カワグチジン)”主催のライブイベント「ここまで来たか、トランジスタ」が豊洲PITで開催された。

今回のライブは、相馬トランジスタ(へきトラハウス)の音痴を治すべく、カワグチジンが企画したもの。この日の為に約半年をかけて相馬トランジスタはボイトレに挑み……全くもって、平成も最後の年にとんでもない傾奇者達が現れた。この日は主演の相馬トランジスタ、そしてカワグチジンとへきほー(へきトラハウス)は勿論の事、この傾奇者達の熱意に打たれて、原宿系ダンスユニット”TEMPURA KIDZ”、みの(カリスマブラザーズ)率いるロックバンド”ミノタウロス”、サグワ(サグワダイアリー)とゆうこんのヒップホップユニット” Amaryllis Bomb”、あやなん、てつや(東海オンエア)等々……へきトラハウスの盟友(フレンズ)達が豊洲PITに集結した。

ライブ当日は風雨に見舞われ、開場開演が押すアクシデントがあったものの、この日の為に集まった3000人のYouTubeリスナー達の熱気で、会場全体が異様な熱気で包まれていた。それもそのはず、YouTuber事務所発信のイベントや、アーティスト活動も行なうYouTuberのライブイベントはこれまで見受けられたが……そういったバックボーン抜きで、YouTuber単体でこれほどの大規模イベント開催は、日本のYouTuberシーンにおいて中々無かった出来事だ。”この歴史的一日を見逃すわけにはいかない……!”リスナー達のそんなアツい想いが豊洲PITを渦巻いていた。

今回TOPPA!!編集部はへきトラハウスメンバー出演パートにフォーカスしたレポートをお届けする。


この日の始まりはO.Aとして、へきトラハウスを慕う後輩達(ステップ(よさこいバンキッシュ) / まみこ部 / とっしー(きんふんぱーりー) / ひなた(さんくーる)による荒野行動ステージからスタート。この4人と場内のリスナー達で実際に荒野行動で対決を行なった。途中インターネット環境の不具合がありつつも、観客参加型のイベントに段々場内は温まっていく。

荒野行動ステージが終了後、場内は暗転し、バックスクリーンに今回のイベントのドキュメンタリーが映し出された。途中、前々前世を絶唱する過去の相馬トランジスタも映し出されたが……この当時はお世辞にも上手いとは言い難い。

一体この半年でどんな成長を遂げたのか、非常にワクワクさせられる。そして、ステージにスポットライトが当たるや否や、まるでN○K紅○歌合戦の小林○子の如きデラックスな衣装で、相馬トランジスタが降臨した。

まるでどこかの宗教の教祖やゲームのラスボスを思わせる出で立ち……言ってしまえば出オチ感があるメガトランジスタ。シュールでアンニュイな雰囲気のモテたいやきを歌い終え、場内は再び暗転する。

その後、アゲアゲなSEからゲストのTEMPURA KIDZの4人が登場……いや、見慣れないメンバーを含めると5人だ……!そのメンバーは相馬トランジスタだ。メガトランジスタを経て、不思議なメイクとジャガイモの着ぐるみに身を包む彼の姿に某国民的仮装大賞番組を彷彿とさせた。

そして5人は、へきトラハウスが先日発表した『搬送』から、「Don’t think. Feel!!」を披露した。キレッキレのTEMPURA KIDZのダンスに、相馬トランジスタの怪演が光る!たまに相馬が見せるキメ顔(≒変顔)も、彼だからこそユーモラスに感じられる。そして、曲終盤では銀テープが飛び、イベント前半から攻めの姿勢が感じられる。

その後、アゲアゲなSEからゲストのTEMPURA KIDZの4人が登場……いや、見慣れないメンバーを含めると5人だ……!そのメンバーは相馬トランジスタだ。メガトランジスタを経て、不思議なメイクとジャガイモの着ぐるみに身を包む彼の姿に某国民的仮装大賞番組を彷彿とさせた。そして5人は、へきトラハウスが先日発表した『搬送』から、「Don’t think. Feel!!」を披露した。キレッキレのTEMPURA KIDZのダンスに、相馬トランジスタの怪演が光る!たまに相馬が見せるキメ顔(≒変顔)も、彼だからこそユーモラスに感じられる。そして、曲終盤では銀テープが飛び、イベント前半から攻めの姿勢が感じられる。

TEMPURA KIDZのステージが終わり、続いてはミノタウロスwith相馬トランジスタが登場!先ほどのシュールな衣装達とは一転、相馬トランジスタは髪の毛を逆立て、鋲ジャンに身を包んだパンクスタイルで登場した。「ミノタウロスと相馬トランジスタ、もう一生観れないですよ!見逃すわけにはいかないでしょ!」と相馬の一声に、「一回切りなんて、言わないで下さいよ!」とみのが返す。みのの漢らしさに惚れ惚れとしてしまう。

そして、バンドは『搬送』から「ペテンパン」を披露。生バンドだと音源に増して、疾走・ドライブ感を感じさせる一曲だ。そして、相馬トランジスタの眼力・オーラはライブが進むにつれどんどん増していく。まるでパンクヒーロー”トランジスタ”と言わんばかりに。

MCでは、「初めて歌詞を書いて……本当に恥ずかしくて。同じ環境の人、少しでも勇気付けられたら。」と相馬トランジスタが言い放ち、「くずむしの歌」がスタートした。過去の経験・トラウマから描かれた詞を相馬トランジスタが絶唱する。これこそ、”This is Emo”だと言わんばかりの気迫が伝わって来る。また、バックバンドのミノタウロスの演奏もカッチリしており、盛り上がりに更に拍車をかける。バンドは最後に「だって笑ってんじゃないの」をプレイ。エモさ溢れる楽曲に、思わず相馬トランジスタも感極まってしまう。リスナー達の大歓声の中、相馬トランジスタのメイン出演パートは一旦閉幕した。

ただ、この歴史的一日がこれで終わるはずもない。続いては、ゲストのAmaryllis Bombが登場。ゆうこんの歯切れの良いラップと、バイブス高めなサグワのリリックに会場は再び湧き出す。MCでサグワは、この日の出演前にカワグチジンと一瞬”キマジィ”関係になった事を吐露しつつ、街でふとへきトラハウスに会って運命的な物を感じた事を述べた。その後、へきトラハウスの3人とみのがステージに登場!この日、彼らは新曲を初披露した。Amaryllis Bombの2人をベースに、相馬トランジスタとへきほーの熱気満載なラップ、カワグチジンのポエトリー的語り、ミノのエロティックでムーディーなラップが重なる!なお、カワグチジン曰く、後日MVがリリースされるとの事。

その後、ゲストのあやなんが登場!過去、保育士の経験もあるあやなんだが、そのキャッチーなキャラクターと確かな歌唱力でリスナーの気持ちを掴んでいく。

彼女曰く、相馬トランジスタからの直のお願いに打たれ、今回の出演を決めたとの事。その後、ステージにしばゆー(しばなんチャンネル)、息子のポンス、みきぽん(かわにしみき)、カイトが登場し、今回のイベント開催に対してお祝いのメッセージを述べた。

中盤戦に差し掛かる中、続いてはへきほーがソロで登場!彼の持ち曲のロックチューン「KICKASS」を披露した。興奮収まらないオーディエンスを背景に、ふとスクリーンに映るへきほーの顔。普段彼が見せない生々しいオーラに、こちらも思わずドキッとさせられる。MCでは、「最高っすわ!相馬さん見てると、自分も泣けてきた!」と、へきほーは思わず泣けるエピソードを吐露した。

へきほーが3曲目を歌い出そうとした瞬間!影ナレで東海オンエアてつやの声が鳴り響く!そして、セグウェイに乗ったてつやが颯爽と登場し、Coming Out of THE WORLD. を披露!この日、てつやは相馬トランジスタの為にわざわざお祝い動画を作って持参する程の気合の入りっぷり。そして、再びステージに登場した相馬トランジスタとディープキスを披露する程……相馬トランジスタの愛されっぷりは止まらない。その後、しばゆーが登場し、彼らと相馬トランジスタの昔の逸話を東海オンエアで語り出す。ここ数年で成長を遂げたへきトラハウスの若かりし日々のエピソードに、思わず相馬トランジスタも赤面する。

そして、ゲストとして最後に出演したのはミノタウロスだ。サーフ感ある心地よいカッティングに、時折みののハードロック要素溢れるソロやチョーキングが美しく映える。「恋のチンチン電車」では、「トランジスタへ気持ち伝わる?お前ら不◯症か?チ○チ○上げてけ!もっとデカく!」とみのがナチュラルに言い放ち、オーディエンスも感情剥き出しで応える。豊洲PITが一体となって、アツアツの気持ちを相馬トランジスタにぶつけた。

この日もいよいよ終盤戦。最後のアーティストに差し掛かる中、サプライズでカイトとへきほー、相馬トランジスタが登場。たまたまゲストで遊びに来ていたカイトをステージに呼び、二人が愛のあるイジリを続ける。それに対して、カイトは相馬トランジスタのアゴイジリを続け……お互いの事をよく知るからこそ、この大舞台でも普段の雰囲気でトークを続けられるのだろう。「人生初ライブが豊洲だよ!拷問だよ!」と今回のライブの緊張を振り返る相馬トランジスタに、彼の人間味を感じる。

この日、最後に登場したのは今日の主催、カワグチジンだ。赤い拡声器を引っ提げ、場内にパンクなムードを漂わせる。

「フラストレーション」の曲中、「HIKAKINさんちの猫になりたい……まるおになりたい……皆に愛されたい……!」と数千数百人の前で呟く彼の姿に、一抹の狂気を感じさせる。

続くジャジーな曲調のDevilでは、いきなりズボンを脱ぎ捨て、「くれてやる!」と叫び、履いていた靴をオーディエンスに投げ捨てた。その後、官能的な歌詞のPoisonとホーンが鳴り響くソウルフルなゲロッパと続き、カワグチジンは客中にダイブ!絶頂の中にいるオーディエンスで彼自身も絶頂を迎え、本編が締めくくられた。

この時点で既に開演から約3時間経過していたが、リスナーのこの日に懸けた想いは止まらないのか、相馬トランジスタ、そしてへきトラハウスの3人を呼ぶ声が鳴り止まない。しばらくして、へきトラハウスの3人が再びステージに現れた。相馬トランジスタからこの日来場したリスナーへの感謝の言葉が述べられ、この半年間を3人で振り返った。なお、MC中にカワグチジンの口から発表されたが、この日の様子は後日DVD化される事が発表された。この発表が更にオーディエンスの熱気を加速させ、場内の熱気は最高潮に達した。その勢いのまま、アンコールに突入。最後は『搬送』のタイトルトラックから「だって笑ってんじゃないの」を3人で熱唱し、熱狂の宴に幕を閉じた。

日本のYouTuberシーンの歴史に大衝撃を与え、開催発表から終幕まで、数々の人間を騒がし、そして実際に突き動かした当ライブ。終わってみれば、へきトラハウスの3人もリスナーも、全てをスッキリ出し切って良い笑顔をしている。MCで「こういうのやります!今決めました!」と次回の開催を匂わすカワグチジンの一言を、この場に居た全員が忘れる事は無いだろう。今後もYouTuberシーンの台風の目から目が離せない。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.