ジンカワグチ(へきトラハウス/カワグチジン)presents「ここまで来たか、トランジスタ」LIVE 2018 / 2018.9.20@ 豊洲PIT イベントレポート

ジンカワグチ(へきトラハウス/カワグチジン)presents「ここまで来たか、トランジスタ」LIVE 2018 / 2018.9.20@ 豊洲PIT イベントレポート

取材・文・編集 / 宮久保仁貴  写真 / 沼田 学

 

2018年9月20日、国内トップクラスの人気を誇るYouTuberグループ”へきトラハウス”の”ジンカワグチ(≒カワグチジン)”主催のライブイベント「ここまで来たか、トランジスタ」が豊洲PITで開催された。

今回のライブは、相馬トランジスタ(へきトラハウス)の音痴を治すべく、カワグチジンが企画したもの。この日の為に約半年をかけて相馬トランジスタはボイトレに挑み……全くもって、平成も最後の年にとんでもない傾奇者達が現れた。この日は主演の相馬トランジスタ、そしてカワグチジンとへきほー(へきトラハウス)は勿論の事、この傾奇者達の熱意に打たれて、原宿系ダンスユニット”TEMPURA KIDZ”、みの(カリスマブラザーズ)率いるロックバンド”ミノタウロス”、サグワ(サグワダイアリー)とゆうこんのヒップホップユニット” Amaryllis Bomb”、あやなん、てつや(東海オンエア)等々……へきトラハウスの盟友(フレンズ)達が豊洲PITに集結した。

ライブ当日は風雨に見舞われ、開場開演が押すアクシデントがあったものの、この日の為に集まった3000人のYouTubeリスナー達の熱気で、会場全体が異様な熱気で包まれていた。それもそのはず、YouTuber事務所発信のイベントや、アーティスト活動も行なうYouTuberのライブイベントはこれまで見受けられたが……そういったバックボーン抜きで、YouTuber単体でこれほどの大規模イベント開催は、日本のYouTuberシーンにおいて中々無かった出来事だ。”この歴史的一日を見逃すわけにはいかない……!”リスナー達のそんなアツい想いが豊洲PITを渦巻いていた。

今回TOPPA!!編集部はへきトラハウスメンバー出演パートにフォーカスしたレポートをお届けする。


この日の始まりはO.Aとして、へきトラハウスを慕う後輩達(ステップ(よさこいバンキッシュ) / まみこ部 / とっしー(きんふんぱーりー) / ひなた(さんくーる)による荒野行動ステージからスタート。この4人と場内のリスナー達で実際に荒野行動で対決を行なった。途中インターネット環境の不具合がありつつも、観客参加型のイベントに段々場内は温まっていく。

荒野行動ステージが終了後、場内は暗転し、バックスクリーンに今回のイベントのドキュメンタリーが映し出された。途中、前々前世を絶唱する過去の相馬トランジスタも映し出されたが……この当時はお世辞にも上手いとは言い難い。

一体この半年でどんな成長を遂げたのか、非常にワクワクさせられる。そして、ステージにスポットライトが当たるや否や、まるでN○K紅○歌合戦の小林○子の如きデラックスな衣装で、相馬トランジスタが降臨した。

まるでどこかの宗教の教祖やゲームのラスボスを思わせる出で立ち……言ってしまえば出オチ感があるメガトランジスタ。シュールでアンニュイな雰囲気のモテたいやきを歌い終え、場内は再び暗転する。

その後、アゲアゲなSEからゲストのTEMPURA KIDZの4人が登場……いや、見慣れないメンバーを含めると5人だ……!そのメンバーは相馬トランジスタだ。メガトランジスタを経て、不思議なメイクとジャガイモの着ぐるみに身を包む彼の姿に某国民的仮装大賞番組を彷彿とさせた。

そして5人は、へきトラハウスが先日発表した『搬送』から、「Don’t think. Feel!!」を披露した。キレッキレのTEMPURA KIDZのダンスに、相馬トランジスタの怪演が光る!たまに相馬が見せるキメ顔(≒変顔)も、彼だからこそユーモラスに感じられる。そして、曲終盤では銀テープが飛び、イベント前半から攻めの姿勢が感じられる。

その後、アゲアゲなSEからゲストのTEMPURA KIDZの4人が登場……いや、見慣れないメンバーを含めると5人だ……!そのメンバーは相馬トランジスタだ。メガトランジスタを経て、不思議なメイクとジャガイモの着ぐるみに身を包む彼の姿に某国民的仮装大賞番組を彷彿とさせた。そして5人は、へきトラハウスが先日発表した『搬送』から、「Don’t think. Feel!!」を披露した。キレッキレのTEMPURA KIDZのダンスに、相馬トランジスタの怪演が光る!たまに相馬が見せるキメ顔(≒変顔)も、彼だからこそユーモラスに感じられる。そして、曲終盤では銀テープが飛び、イベント前半から攻めの姿勢が感じられる。

TEMPURA KIDZのステージが終わり、続いてはミノタウロスwith相馬トランジスタが登場!先ほどのシュールな衣装達とは一転、相馬トランジスタは髪の毛を逆立て、鋲ジャンに身を包んだパンクスタイルで登場した。「ミノタウロスと相馬トランジスタ、もう一生観れないですよ!見逃すわけにはいかないでしょ!」と相馬の一声に、「一回切りなんて、言わないで下さいよ!」とみのが返す。みのの漢らしさに惚れ惚れとしてしまう。

そして、バンドは『搬送』から「ペテンパン」を披露。生バンドだと音源に増して、疾走・ドライブ感を感じさせる一曲だ。そして、相馬トランジスタの眼力・オーラはライブが進むにつれどんどん増していく。まるでパンクヒーロー”トランジスタ”と言わんばかりに。

MCでは、「初めて歌詞を書いて……本当に恥ずかしくて。同じ環境の人、少しでも勇気付けられたら。」と相馬トランジスタが言い放ち、「くずむしの歌」がスタートした。過去の経験・トラウマから描かれた詞を相馬トランジスタが絶唱する。これこそ、”This is Emo”だと言わんばかりの気迫が伝わって来る。また、バックバンドのミノタウロスの演奏もカッチリしており、盛り上がりに更に拍車をかける。バンドは最後に「だって笑ってんじゃないの」をプレイ。エモさ溢れる楽曲に、思わず相馬トランジスタも感極まってしまう。リスナー達の大歓声の中、相馬トランジスタのメイン出演パートは一旦閉幕した。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.