hololive 1st Fes. 『ノンストップ・ストーリー』イベントレポート@2020.1.24@豊洲PIT

hololive 1st Fes. 『ノンストップ・ストーリー』イベントレポート@2020.1.24@豊洲PIT

湊あくあ:『♡桃色片思い♡』

ソロパート1部のトリを勤めたのは、湊あくあ。絶妙なアイドルらしい選曲と、愛くるしいパフォーマンスからは、普段の『ポンコツ』さを感じさせない、100%のアイドルの姿がそこにあった。大きく体を動かしながら、ステージ上を全力で移動する姿は、どこか余裕を感じさせつつも、彼女らしいがむしゃらさも感じられて、会場は終始掛け声と全力のコールが鳴り響いていた。

MCに登場したのは、ときのそらとロボ子さん。ホロライブを長年引っ張ってきた2人のMCはかなり感慨深い。会場びっしりのファン達の姿に驚きを隠せない様子が伺え、長年活動してきた彼女達であっても、緊張している雰囲気が伝わった。お決まりのコールアンドレスポンスと、ネット配信を見ているファンに向けて感謝の気持ちを伝えていた。

戌神ころね:『こちら、幸福安心委員会です。』

ソロパート2部の始まりは、戌神ころねがこれまでのアイドル的なイメージを打ち破るパフォーマンスでスタート。見た目とは裏腹に独特な世界観をもつ戌神ころねだからこその選曲だろう。この大舞台でこの選曲、それであってぴょんぴょんと飛び上がり可愛いらしさも全力に感じ取れるパフォーマンスはさすがとしか言いようがない。この多種多様な個性がホロライブの良さであり、いい意味で統一感のないソロパートがこのライブの醍醐味だと感じた。

潤羽るしあ:『13』

3期生から潤羽るしあが登場。人前に出ることが苦手なイメージなんて1ミリも感じさせない堂々たるパフォーマンスは圧巻だった。戌神ころねに続いて、独特な世界観が会場を包むと、潤羽るしあの儚い歌声が妙にマッチした世界観で思わず聞き惚れてしまう。メンバー全員が、自身に合った世界観を上手く演出するのが非常に上手で、これだけの人数のソロパートでも一切飽きを感じさせないステージングはさすがとしか言いようがない。

星街すいせい:『天球、彗星は夜を跨いで』

登場と同時に大歓声が上がった。この日初の3D披露となった星街すいせいの姿に、もはや3Dというコンテンツの領域を超えた感動が突き刺さる。彼女ほどこのライブに大きなバックボーンを持ち合わせているメンバーはいないだろう。個人勢からホロライブ所属となった彼女は、持ち前の歌唱力とこの日では初となるオリジナル楽曲を披露。盛り上がらないわけがなかった。活動初期から活動を見守ってきたファンには感慨深い光景だったに違いない。

赤井はあと:『私、アイドル宣言』

「みんなー!いっくわよー!」の掛け声から再びアイドルらしい雰囲気が会場を包んだ。赤井はあとも1期生として長年ホロライブを支えてきた一人だ。知的で生意気な後輩キャラが特徴的な彼女が、持ち前の元気良さで、全力のパフォーマンスを披露してくれた。ノリノリなポップチューンで盛り上がりつつも、会場からは絶叫に似た掛け声が聞こえ、可愛いの暴力が展開されていた。

猫又おかゆ:『惑星ループ』

ホロライブゲーマーズから猫又おかゆが登場。自由気ままの範疇を超えた、自由すぎる立ち振る舞いに、グループ内をかき回す愛されキャラである彼女も、ライブではしっかりと歌い上げ会場を盛り上げていた。くるくる回るペンライトと、ノリノリに会場を煽りながら、最後には「さらばー!」とまさに猫又おかゆらしく風のように去っていく姿が印象的だった。

大空スバル:『金曜日のおはよう』

普段はツッコミ役でありいじられ役であり、地獄の企画で目立つことが多い大空スバルだが、アイドルになりたいという側面が全力で押し出されたパフォーマンスを披露してくれた。持ち前の元気の良さと掛け声で会場を盛り上げていく。「まだまだ盛り上がっていくぞー!」とこの日は完全にアイドルの大空スバルを見ることができた。

2部終わりのMCパートには、白上フブキ、大神ミオ、夏色まつり、宝鐘マリンの4人が登場した。ホロライブ内でも特に喋れる4人の登場とあって、トークは終始盛り上がりを見せた。3期生の宝鐘マリンはこのタイミング3D初披露、トーク内ではちゃんとソロパートで3D初披露となった星街すいせいにも触れたり、各メンバーのパフォーマンスの裏で泣いていたなど、裏話を中心にトークが展開された。最後は宝鐘マリンの「出航〜!」でMCパートが終了した。


AZKi:『without U』

イノナカミュージック所属として、音楽活動をメインに活動を行ってきたAZKiが登場。活動におけるアンセム曲の1つとしてファンからは熱い支持を得ている楽曲ではあるが、この日のAZKiは、ホロライブの一員として、グループのピースの1つとしてライブを盛り上げていた。赤いペンライトが会場を覆い尽くし、「君がいるから」の歌い出しからシンガロングが起こっている様子が印象的だった。

百鬼あやめ『千本桜』

「今日は全力で楽しんでいってくれな〜!」そういって『千本桜』を歌い上げたのはホロライブ2期生の百鬼あやめだ。ゲーム実況をメインに、歌動画も投稿を行ってきた百鬼あやめは、鋭く大人っぽい歌声が魅力的だ。今回のライブでもかっこいい歌声が際立つパフォーマンスで会場を盛り上げていた。AZKiの時同様、赤いペンライトを左右に振って会場全体の一体感が感じ取れた。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.