Crystal Lake presents「TRUE NORTH FESTIVAL 2018」2018.9.16@STUDIO COAST ライブレポート

Crystal Lake presents「TRUE NORTH FESTIVAL 2018」2018.9.16@STUDIO COAST ライブレポート

取材・文・編集 / TOPPA!!編集部 ( 鹿野貴大 / 宮久保仁貴 )   写真 / TAKASHI KONUMA


2018年9月16日、約1年を経てCrystal Lakeが主催するヘヴィミュージックの祭典「TRUE NORTH FESTIVAL」が帰って来た!

昨年に開催された同イベントの趣旨は変わらず、彼らが国内外で出会った歴戦の仲間達、そして予選「THE ROAD TO TRUE NORTH」を勝ちくぐって来たニューカマー3バンド(HOTVOX、Jester May Fail、Paledusk)が東京は新木場STUDIO COASTに集結。Ryo(Crystal Lake/Vo)曰く、この日は”1年分のヘヴィが詰まった日”との事。各バンド細かなアプローチこそ違えど……ド頭のHOTVOXからトリのCrystal Lakeは勿論の事、スタッフ陣からオーディエンスに至るまで、根底に根付いているのはヘヴィミュージックへの”愛”に違いない。終日、ステージからフロアまで名勝負が繰り広げられた。

今回TOPPA!!編集部は本イベントを締めくくったCrystal Lakeにフォーカスしたライブレポートをお届けする。


【Crystal Lake】

広大な大陸を思わせるようなトライバルなSEから、ギターのYD(Gt)を先頭にメンバーが入場。Ryo(Vo)が厳かに両手を広げるやいなや、無地のバックにTHE CIRCLEのロゴが投影された。開幕1発目から神秘的な雰囲気に導かれるように目下最新曲である「THE CIRCLE」でライブがスタート。Ryoの野太い咆哮がStudio Coastに響く。中盤では「Everything you’ve got!!」のシンガロングを合図に観客全員がジャンプ、会場を揺らした。

1曲目が終わり、「We are CRYSTAL LAKE!!」とRyoが名乗りを上げる。続けて「お前ら疲れてる暇ねーぞ?」と煽ると客席からも「かかってこいよ!」という声が。それに対してRyoが「お前が来いよ……!」と闘志剥き出しで応える。約1年間この日に懸けて来たCrystal Lakeはもちろん、客席も同様にバチバチに仕上がっている。5人VS数千数百人のオーディエンス、お互いに死闘を繰り広げる準備は出来ている。

そのままRyoが「全員で跳ぼうか!Are you ready!?」と煽り「Matrix」へ。この日は何度もフロアにとんでもない光景が広がっていたが、この曲のイントロで赤く照らされたフロアがジャンプで大きく波打つ光景は圧巻の一言だった。途中、ステージのセンターに立ってリードを弾くShinya(Gt)をYDが一瞬肩車するサプライズも。昨年のTRUE NORTH FESTIVALでも行われた何気ない光景にニヤッとさせられる。

中盤ではHER NAME IN BLOODのIKEPY(Vo)が登場し、まるで獣のような咆哮を放ち、フロアもそれに応えるように一瞬で戦場と化す。その後、空気を一変させるかのような美しいアルペジオから、メロディアスな「Mercury」へ。モッシュの次はシンガロングだ、とばかりに「Tonight!!」と連呼するフロア。「ここまで来やがれ!」とRyoが客中に入るやいなや、たちまちオーディエンスは密集した。そして、ダイバーの波が起こったと思えば、「さあ、ダンスの時間だ!」とモッシュパートに入り、再びフロアを戦場に変える。

曲が終わり、Ryoが「TRUE NORTH最高じゃねえか!」とフロアに賛辞を送り、ここで一旦ブレイク。MC中も終始ハイテンションな雰囲気に包まれた新木場Studio Coast。Ryoから「俺たちの楽しみ方の基本。互いをサポートすればどんな無茶だってできる。サポートしあって最後まで笑顔でCoastの門くぐろうぜ!」と呼びかけ、「好きにやっちまえよ!ステージダイブ、サークルピット、モッシュ、何でも来いよ!」と煽り、フロアを再び臨戦体制まで引き上げてからの「Six feet under」。客席も待ってましたとばかりに、苛烈なモッシュピットが生まれていた。ダンサンブルなビートと極悪なブレイクダウンが交互にやってくるこの曲は暴れたいオーディエンスにとっては大好物だ。

Ryoのデスメタリックなロングトーンの低音ガテラルで締めくくられたと思いきや、インダストリアルなSEが鳴り始め、「Machina」で更に激烈ナンバーが続く。「ここでモッシュするとかどうでもいいんだよ!とにかくやっちまえ!」とRyoが煽り、初っ端から極悪なブラストビート全開で進み、ドスの効いた低音グロウルで無慈悲に全てをなぎ倒していく。そして中盤ではRyoの「別れろ」の号令でWall of Deathまで飛び出した。

MCでは、Ryoからの「最初から来てるやつどんだけいますか!?」との問いに多くの手が上がり、続けて「今日1日で今年一年分の”Heavy”感じたでしょ?」と煽るとフロアからも歓声が上がった。「俺らのツアーで出来た日本のバンドもそうだし、海外で出来た仲間も外でブース出してるアパレルもフードも皆が同じ場所に向かって、TRUE NORTHに向かってここまで来ました。改めて間違ってなかったんだと。何度も言わせてもらうけど本当にありがとう!」とこの日に関わった人たち全てに賛辞を送っていた。そして、「まだ2回目だけど、これから3回、4回、10回、100回、1000回!と続けていって、日本からヘヴィミュージックを発信していくぜ!」と将来の開催を高らかに宣言した。

その後、YD(Gt)から改めてこの日を作り上げた人たち……それこそ彼の言葉を借りるならば、”昔から居て、今となってはおっさんやおばさん、そして最近バンドの事を知ったクソガキ達”へ彼なりの愛と感謝が伝えられ、ヘヴィミュージックの素晴らしさを広めて行きたいということが語られた。そして、来たる2018/11/28にニューアルバム「HELIX」が日本先行で発売されること、日本に先駆けて、ヨーロッパツアーを周り、そして来年1月に東名阪のワンマンツアーを行うことが発表され、場内は割れんばかりの歓声で湧き上がった。YD曰く、「自分たちで言うのもなんだけどマジでヤバいから!」との事。

そしてテンション最高潮の中、最新シングルにて彼らの盟友GIDEONの.Daniel McWhorter(Vo)とTyler Riley(Gt/Vo)が参加した爆走2ビートチューン「Lost in forever」、壮大で彼らのメロディアスな面が強調されたような「Apollo」と相対的な2曲が続いた。初っ端から続くGaku(Dr)の正確無比かつ速さを極めたエクストリームドラミングに、これから更に人の波が起こる事を予想させたのか……気がつけばライブ初っ端より最前を守っているセキュリティの数がいつの間にか増えている。この日再確認したのだが、CRYSTAL LAKEの魅力は極悪モッシュチューンと神秘的な響きを持ったメロディアスチューン、言い換えれば”動”と”静”の極みが同じセットに完璧に共存していることが1つ挙げられる。高尚さすら感じさせる美しいアウトロで「Apollo」が終わりを迎えると、遂に本編ラスト。

Ryoの「全て焼き尽くせ!今日一番でかいサークルピット見せてみろ!」と煽り、「Prometheus」が投下されると、満員のStudio Coastの何処にそんなスペースがあるのかと聞きたくなるような巨大なサークルピットが現れ、再び混沌としていくフロア。爆走2ビートに乗せられたYDの浮遊感あるリードギターが美しい。圧巻のパフォーマンスで本編が終わりメンバーはステージ裏に戻っていく。

当然、すぐさまフロアからはアンコールを求める声が。そしてメンバーが戻って来ると、Ryoが「聞こえねんだよ!どんだけ最後やれんのか見せてみんかい!呼んだからにはやれんだよな?CRYSTAL LAKEの16年分の歴史を見せてやる!」と叫び、彼らの2nd Album「INTO THE GREAT BEYOND」からアンセム「Twisted Fate」が放たれた!

Ryoも「ワルくいこうか!」と煽り、往年のナンバーに再び戦場と化すフロア。終盤のブレイクダウンでは、TRUE NORTH FESTIVAL 2018一番の荒れたモッシュピットが生まれていた。そして間髪入れずにYDによるギターのアルペジオが鳴り響き、Ryoが「次で最後だ、歌おうぜ!」とアルペジオのメロディに合わせて会場が一体となったシンガロングが巻き起こった。「TRUE NORTHの本気見してみろ!」とRyoが煽り、彼らにとってのマスターピース「THE FIRE INSIDE」が披露され、フロアはその日一番の熱量を迎えた。終盤Ryoが客中にダイブし、クラウドサーフでPAブース付近まで流される。ボーカル不在のまま、楽器隊の「We’re not fuckin’ dead!!」のコーラスで混沌の中、ラストを迎えようとするが、それすらも最高潮の盛り上がりに油を注ぐ。マイクも無い中、「これがCrystal Lakeのライブだ!来年も来いよ!」と絶唱するRyoの声は大きく何千何百人の耳と心に鳴り響き、とんでもない熱量のまま、2018年のTRUE NORTH FESTIVALは締めくくられた。

この日、若手も海外も関係なく数々の猛者が、今年も凌ぎを削る素晴らしいライブを何度も見たが、大トリに相応しい凄まじいライブであった。終演後、出演者一同がステージに集まり、集合写真と撮る時に、ふと垣間見えたRyoの嬉し泣き。普段クールでブルータリティの極みを見せるステージングから見せた光景に、こちらもウルッとさせられる。この場を目撃した全員が1年分のヘヴィなサウンドの余韻に浸ると共に……満場一致で来年も開催されるCrystal Lakeの祭典を楽しみにしている事だろう。

-Set List-
1.The Circle
2.Matrix
3.Mercury
4.Six Feet Under
5.Machina
6.Lost In Forever
7.Apollo
8.Prometheus

EN1.Twisted Fate
EN2.The Fire Inside

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.