RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018 「METAL MANIA」2018.9.28@TSUTAYA O-EAST イベントレポート

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018 「METAL MANIA」2018.9.28@TSUTAYA O-EAST イベントレポート

取材・文・編集 / 宮久保仁貴   写真 / suguru saito / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

 

2018年9月28日RED BULL MUSICとHER NAME IN BLOODによるメタルライブイベント「METAL MANIA」がTSUTAYA O-EASTで開催された。

今回のイベントは、2018年9月22日より開催されているレッドブル主催の都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」のメタル特化DAY。現代メタルの旗手を担うHER NAME IN BLOODがキュレーターとなり、日本メタルシーンの黎明期からそびえ立つ巨匠LOUDNESS、国内外で破竹の快進撃を続けるガールズメロディックメタルバンドLOVEBITES、80’sスラッシュメタルの正統継承者HELL FREEZES OVERの合計4組が出演した。それぞれアウトプットや年齢、活動シーンは違えど、この4組の根底に流れているのは”メタルの血”。出演者は勿論、この日集結したオーディエンス達も真にメタルを愛する者達ばかり。そりゃ老若男女性別や年齢は違えど、皆が思い思いに着ているTシャツから、”メタルの血”を感じさせる。

また、この日場内では新旧メタルシーンの語り手として名を馳せる増田勇一氏がゲストDJとして参戦。クラシックメタルから10年代のモダンメタルまでをプレイする傍ら、この他、増田氏監修のメタルシーン年表が場内に展示されていた。

一足この空間に踏み入れれば最後、全感覚でメタルを味わえる間違いない空間がそこに存在した。HER NAME IN BLOODとRED BULLの事細かなイベント作り込みにメタル愛を感じられる。そして、時は開演時刻を迎え、熱狂のメタルの宴が幕を開けた。


【HER NAME IN BLOOD】 写真 / suguru saito / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

この日のトップバッターはキュレーターであるHER NAME IN BLOODが出演。SURVIVORの「Eye of the Tiger」を入場曲に、メタルモンスター5人が登場!「初っ端から、楽しんで行こうぜ!」IKEPY(Vo)の咆哮がオーディエンスにこだまする!

彼らが初めにプレイしたのは「Last Day」。IKEPYの雄雄しくあり、キャッチーな骨太クリーンボイスに、オーディエンスも呼応する。掴みはバッチリだ。そして、「頭振ろうか!」とIKEPYが煽り、「Free Me」「Katana」を続けてプレイ。舌を出してオーディエンスを見渡すIKEPYその姿は、まさに獲物を求める野獣そのものだ。「Katana」では、「デッケェジャンプ見せてくれよ!」とIKEPYが叫ぶやいなや、オーディエンスも満場一致でジャンプし、O-EASTが大きく揺れ動く。

また、Daikiの80’sメタルを思わせるギターソロに、TJが合わせて掛け合いを行う。そうそう……これなんだよなぁ……ヘヴィメタルの正しい方程式ってやつは……!とでも言わんばかりに清々しい展開でオーディエンスの心を掴んでいく。続く「Kingslave」では今日初のサークルピットが発生、どんどん熱狂の渦は大きくなっていく。

MCでは、IKEPYが「愛とメタルと筋肉と翼を授けに参りました!」と力強く名乗りをあげた。そして、彼は今回レッドブルと共にMETAL MANIAを開催した理由として、オーディエンスにメタルを更に好きになってもらいたい事を力説した。こんな環境で、好きにならないオーディエンスを見つける方が難しい……彼の言葉には、メタルに対する愛が溢れていた。

そして、バンドはメロディアスな「Power」とエクストリームな「Forsaken」をプレイ。「Forsaken」では、ブラスト・2ビートから巻き起こる音圧がオーディエンスをなぎ倒すかの如く迫ってくる。そこから勢い落とさず、バンドが最後に選んだ曲は「GASOLINES」。なんと、この曲のゲストとして、TOTALFATからKuboty(Gt)が登場!

彼自身メタラーである事は有名だが、今日も背中にHELLOWEENを背負ったパッチGジャンで登場。異例のトリプルギター編成から奏でられる轟音は本当にデカイ。音を上げすぎだろ!このタコ!って感じだ。原曲に忠実に進みつつ、所々KubotyとDaikiのアドリブソロ・シュレッドが炸裂!のっけからコッテコテなメタルライブをぶちかまし、HER NAME IN BLOODの出番は終了した。一発目からこの本気具合、これから一体何が起こってしまうのだろうか……先ほどまでの興奮、そしてこれから起こりうる名演への期待に、思わず手に汗を握ってしまう。

-Set List-
1.LAST DAY
2.Free Me
3.KATANA
4.KINGSLAVE
5.POWER
6.FORSAKEN
7.GASOLINES


【LOVEBITES】写真 / So Hasegawa / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

HER NAME IN BLOODに続くは、先日Wacken Open Air 2018にも出演し、日本の若手メタルシーンのトップを走るLOVEBITESが登場。ステージにスモークが立ち込め、神秘的な雰囲気が漂う中、メンバーが登場した。純白の衣装に身を包んだその姿は、まるで女神(アテナ)の様だ。1曲目に彼女たちが持ってきたのは、haruna(Dr)の暴れ馬の様なツーバスが光る「The Hammer Of Wrath」。一発目から疾走曲を持ってくるあたり、彼女達の攻めの姿勢が垣間見える。midori(Gt)が豪快にギターを引き倒す一方、miyako(Gt)の正確無比なタッピングがそれに応える。

そして、バンドはライブ定番曲の「THE CRUSADE」「DON’T BITE THE DUST」を続けてプレイ。芯の通ったasami(Vo)の美声、midoriとmiyakoのツインリードによる滝の如きメロディが、確実にオーディエンスの熱を高めていく。

モダンなサウンドメイキングがなされつつも、時折感じさせる80〜90’sライクな懐かしいメロディ。年齢こそ若かれど、彼女達もまた世代を超えた”METAL MANIA”なのだろう。

「今日はMETAL MANIAによる、METAL MANIAのイベント!このステージに立てて、光栄です!」とasamiがレッドブルとHER NAME IN BLOODにリスペクトを捧げた。短いMCのち、miyakoの哀愁溢れるギターソロから「Above The Black Sea」でライブを再開。序盤ではしっとりと歌い上げつつ、後半では力強い歌いっぷりを見せるasamiの変幻自在の歌声……楽器隊の堅さは勿論の事、このフロントマン無くしてLOVEBITESは成立しないに違い無い。

続くはキラーチューン「SHADOWMAKER」。泣きの要素をふんだんに詰め込んだドラマティックな展開に、スリリングな曲の速さ……!「メロディックメタルとは何ぞや……?」その答えはこの曲にある。

そして、この日バンドが最後に持って来た曲は「Bravehearted」。5人の女神(アテナ)達の美しさは勿論、溢れ出る美しいメロディの旋律に心を鷲掴みにされる。全オーディエンスが高らかにメロイックサインを掲げる中、LOVEBITESのライブは幕を閉じた。

-Set List-
1.The Hammer Of Wrath
2.The Crusade
3.Don’t Bite The Dust
4.Above The Black Sea
5.Shadowmaker
6.Bravehearted


【HELL FREEZES OVER】写真 / suguru saito / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

スモークが立ち込め、不穏でサタニックな雰囲気が流れる中、本日最年少のHELL FREEZES OVERが登場!その姿、そしてサウンドは80’sベイリエアスラッシュメタルを思わせる出で立ちだ。若いながらも貫禄ある風格で、これから彼らが奏でる”メタル”が一体どんな物か気になって仕方が無い。そして、バンドは「OVERWHELM」「HAWKEYE」を続けてプレイ。

RYOTO(Gt)とHIROTOMO(Gt)のダブルフライングVからザクザク刻まれるリフ、Tom Leaper(Dr)のドタバタ弾むドラムにTAKUYA MASHIKO(Ba)のガッチリしたベースが合わさり、その上にGAINER(Vo)のハイトーンが調和する……!本当に平均年齢25歳なのか?と思わず疑問を抱くほどに、そのサウンドはピュアでトゥルーなメタルだ。Gt2人のマーシャル2台積みにも、思わずガッツポーズせざるを得ない。

「どうだい?楽しんでるかい?」GAINERの呼びかけに、オーディエンスも激しく呼応する。オーディエンスも間違いなく楽しんでいるだろうが、この瞬間一番楽しんでいるのは間違いなくHELL FREEZES OVER自身に違い無い。大舞台に抜擢された事への感謝を述べるGAINERの言葉一つ一つに、若さと興奮が直に伝わってくる。

「命を燃やし尽くせ……!」とGAINERが吐き捨て、バンドは「BURN YOUR LIFE」をプレイ。スピード感溢れるギターリフに、自然とオーディエンスの中からメロイックサインが上がり出す。そして、Tom Leaperのドラムソロにベース、ギターが合流し、「WRITING ON THE WALL」「END THE BREATH OF THE NIGHT」に突入。曲中に見せた叙情的なミドルテンポパートに、70’sハードロックやプログレッシブロックの要素を感じさせる。この曲の作り込み、本当にクラシックロックも経由した人間で無ければ、書けない代物に違い無い。

「お前達は今日から、立派なHELLRAISERSだ!」とGAINERがオーディエンスを煽り、彼らは最後にバンドのアンセム「HELLRAISER」を演奏。フロアのHELLRAISERS達は勿論、ステージ上の5人のHELLRAISERSも清々しいまでに爆裂してやがる。最近バンドサウンドとかロック、ひいてはメタルが売れないとか言われているが……いやいや、そんな事を言う前にHELL FREEZES OVERを聴け!観ろ!そう言わんばかりに、彼らは爆発力の高いライブを見せつけた。

-Set List-
1.OVERWHELM
2.HAWKEYE
3.BURN YOUR LIFE
-DRUM SOLO-
4.WRITING ON THE WALL
5.END THE BREATH OF THE NIGHT
6.HELLRAISER


【LOUDNESS】写真 / So Hasegawa / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

METAL MANIAのトリを飾ったのは、日本メタル界の最重要バンドLOUDNESS。二井原 実(Vo)のマイクチェックの音から、ビリビリ振動が伝わって来る。この段階でこれなら、一体演奏が始まったら何が起こってしまうのだろうか……これから始まるプレイを待ち構えていると、サポートDrの西田“RYU”竜一の4カウントから「Soul on Fire」がスタート。そして、爆音が身体と会場全体を震わせる……都内でも有数の大規模ライブハウスであるO-EASTを、これほどまでに揺さぶるバンドはそうそういない。改めて、数十年語り継がれてきたこのバンド名は伊達じゃない。

続く「I’m Still Alive」では、高崎晃(Gt)のKillerギターからザクザク刻まれるリフに、まるで身体が裂かれる様な錯覚すら覚える。そして、2018年現在平均年齢50歳を迎える彼らだが、そのパフォーマスは全く衰えを全く感じない。むしろ若々しく、ライブが進む毎にどんどん切れ味が増していく。

二井原 実が「Say……Yeah〜?!」とオーディエンスを煽ると、オーディエンスも200%の声量で返す。バンドもさることながら、そのファンも”LOUDNESS”そのものに違いない。

そして、バンドは「Crazy Night」「Crazy Doctor」と往年の名曲を続けてプレイ。この展開にオーディエンスが盛り上がらない筈がない。「Crazy Doctor」では、高崎晃のピッキングハーモニクスが効いた小気味好いリフワークと元祖ボスハンズタッピングに思わずニンマリしてしまう。そして、高崎晃の超絶シュレッドプレイ後、バンドはこれまた名曲「IN THE MIRROR」を演奏。オーディエンスの割れんばかりの歓声に、日本のメタルを築き上げた傑物の凄さを改めて体感する。

メンバー紹介後、残り1曲である事を二井原 実が伝えると、オーディエンスからは大ブーイングが!そりゃそうだ、こんな途轍もないライブを見せられたなら、もっと続きが見たくなる。「また遊びに来てや!」と二井原 実が清々しく言い放ち、LOUDNESSは最後に「S.D.I.」を持って来た。豪快なドラミングから始まるこの曲に、脳天が強烈に揺さぶられる。音からオーラに至るまで、全てがバカデカいモンスターバンド、LOUDNESS。改めて、日本のメタル界の至宝の魅力にドップリと浸かる35分間だった。


【SPECIAL SESSION】写真 / suguru saito / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

ただ、この熱狂のメタルの宴はまだまだ終わらない。この日の最後の催し物として、出演バンド達によるスペシャルセッションが始まった。まず1番目を務めるのは、HER NAME IN BLOOD全メンバー、そしてLOUDNESSからは高崎晃、山下昌良(Ba)が登場!彼らがセレクトしたのは、BLACK SABBATHの「Paranoid」。若手メタルを代表する野獣達と、日本のメタルを支えて来た巨匠達。この掛け合わせが面白くならないわけがない。

彼らはこの日、一番うるさいサウンドを奏でたと共に、力強さMAXの世界観をオーディエンスに向けて発信した。原曲に忠実、かつリスペクトが見られるDAIKIのソロに、暴れ馬の如く弾き倒す高崎晃のソロ。親子ほど年の離れた2人だが、”メタルの血”で繋がった2人の顔は、笑顔で包まれている。

続くスペシャルセッションは、LOVEBITESからasami、miyako、midori、HELL FREEZES OVERからGAINER、RYOTO、TAKUYA MASHIKO、HER NAME IN BLOODからIKEPY、DAIKI、MAKIが参戦。この日、最後にプレイされたのはMETALLICAの「Enter Sandman」。フロントに並ぶIKEPY、asami、GAINERの姿はまるで兄、姉、弟の様だ。最高のメタルアンセムを皆で大合唱し、METAL MANIA達による灼熱の宴(METAL MANIA)は幕を閉じた。

最後、「METAL MANIA、今後も繋げていきたいと思うんでヨロシク!」とIKEPYが語ったが、この場にいた全ての人間が間違いなく待ち望んでいるに違いない。今回のイベントを企画したレッドブルやHER NAME IN BLOODを筆頭とした出演バンドは勿論の事、”メタル”という共通言語で繋がったオーディエンスに、これからの輝かしいメタルの未来を感じずにはいられない。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.