RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018 「METAL MANIA」2018.9.28@TSUTAYA O-EAST イベントレポート

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018 「METAL MANIA」2018.9.28@TSUTAYA O-EAST イベントレポート

【SPECIAL SESSION】写真 / suguru saito / Red Bull Music Festival Tokyo 2018

ただ、この熱狂のメタルの宴はまだまだ終わらない。この日の最後の催し物として、出演バンド達によるスペシャルセッションが始まった。まず1番目を務めるのは、HER NAME IN BLOOD全メンバー、そしてLOUDNESSからは高崎晃、山下昌良(Ba)が登場!彼らがセレクトしたのは、BLACK SABBATHの「Paranoid」。若手メタルを代表する野獣達と、日本のメタルを支えて来た巨匠達。この掛け合わせが面白くならないわけがない。

彼らはこの日、一番うるさいサウンドを奏でたと共に、力強さMAXの世界観をオーディエンスに向けて発信した。原曲に忠実、かつリスペクトが見られるDAIKIのソロに、暴れ馬の如く弾き倒す高崎晃のソロ。親子ほど年の離れた2人だが、”メタルの血”で繋がった2人の顔は、笑顔で包まれている。

続くスペシャルセッションは、LOVEBITESからasami、miyako、midori、HELL FREEZES OVERからGAINER、RYOTO、TAKUYA MASHIKO、HER NAME IN BLOODからIKEPY、DAIKI、MAKIが参戦。この日、最後にプレイされたのはMETALLICAの「Enter Sandman」。フロントに並ぶIKEPY、asami、GAINERの姿はまるで兄、姉、弟の様だ。最高のメタルアンセムを皆で大合唱し、METAL MANIA達による灼熱の宴(METAL MANIA)は幕を閉じた。

最後、「METAL MANIA、今後も繋げていきたいと思うんでヨロシク!」とIKEPYが語ったが、この場にいた全ての人間が間違いなく待ち望んでいるに違いない。今回のイベントを企画したレッドブルやHER NAME IN BLOODを筆頭とした出演バンドは勿論の事、”メタル”という共通言語で繋がったオーディエンスに、これからの輝かしいメタルの未来を感じずにはいられない。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.